記事一覧

〇。ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ  辻村深月



講談社 (2009/9/15)
"30歳"という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。
都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、
地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエミ。
少しずつ隔たってきた互いの人生が、重なることはもうないと思っていた。
あの"殺人事件"が起こるまでは……。

何かに突き動かされるように、警察の手を逃れ今なお失踪を続けるチエミと、彼女の居所をつきとめようと奔走するみずほ。行方を追う中、不可解な事件とその真相が明らかに…

辻村深月が29歳の“いま”だからこそ描く、感動の長編書き下ろし作品。
全体的には面白かったのだけれど… (-ω-;)ウーンと思う部分も多かった

まず 前半が勢いがなくダラダラとした印象 半分くらいまでは辛かった
そして『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』 幼い頃の出来事だけで 母のそれを知らないと思うのは無理があるような気がする  
そして なぜ逃げる? その事が 親離れ子離れ出来なかったチエミの家庭の問題点を象徴しているのかな…

ただ 友人達の個性やみずほとチエミの親との関係は とても面白かった
特に 仲間のまとめ役だった政美やチエミの元同僚の亜理紗は ともすれば『嫌な奴』になりそうなのに 良い所や憎めない所もちゃんと滲み出ていて 巧いなぁと思った

そして みずほと母親の関係 こういう母と娘の確執を書いた本って多いですね
永遠のテーマなのかな…

この作品 ドラマ化で揉めて裁判沙汰にまでなっているみたいです
NHKの脚本内容に辻村さんが納得できなくてドラマ化許諾の撤回を申し出たそうで その理由が このみずほと母親の関係を表す部分を『小説の主題』とし その部分を損なう脚本だったと言う理由だそうです
クランクイン目前だったドラマのキャストは 長澤まさみ、黒木華、佐藤江梨子、風吹ジュン  イメージにぴったりですね~ 見てみたかったな^^;

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム