記事一覧

〇。たゆえども沈まず  原田マハ



幻冬舎 (2017/10/25)
誰も知らない、ゴッホの真実。
天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。
二人の出会いが、〈世界を変える一枚〉を生んだ。

1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。彼の名は、林忠正。その頃、売れない画家のフィンセント・ファン・ゴッホは、放浪の末、パリにいる画商の弟・テオの家に転がり込んでいた。兄の才能を信じ献身的に支え続けるテオ。そんな二人の前に忠正が現れ、大きく運命が動き出すーー。

『楽園のカンヴァス』『暗幕のゲルニカ』の著者による アート小説の最高傑作、誕生!
テオとゴッホの関係にとても興味があったので楽しみに読ませてもらいました
林忠正も実在の人物との事 存じ上げなかったので彼のお話も面白かったです

ただ… 重吉は架空の人物なので 創作の部分が大きいのは解っているのですが
林がゴッホに 彼の日本としてアルルを勧めるくだりがどうしてもダメだった
折鶴を開いてそこにたまたまあった場所を示し 又、ゴッホがそれを嬉々として受け入れる場面は ゴッホを屈辱してるのか?と思うくらい受け入れられなかった

芸術家が自身を表現できる場所を見つけるというのは すでに表現の一部ではないのかな
たとえ見知らぬ土地を選び旅立つにしても 見も知らぬ土地を「ぼくの日本なんだ!」なんて喜び方…

原田さん 好きな作家さんなのですが 時々こういう決定的な違和感を感じるときがあります 作家さんとの相性なのでしょうがないですね^^;


そして テオとの関係も通り一遍で 特に掘り下げられてはいないように感じました
この辺りは 自分でテオとゴッホの書簡を読んで感じ取るしかないのかな…

《参考》「ゴッホの手紙」上中下 岩波文庫
    「ファン・ゴッホの手紙」みすず書房2017年 二見史郎・圀府寺 司
    「ゴッホの手紙」1952年 小林秀雄
    「ゴッホの手紙ー絵と魂の日記」西村書店2012年 監訳千足伸行
スポンサーサイト



コメント

No title

その”違和感”めっちゃ判る~~~!!!

マハさん、良い作品も多いんですがね・・・

最近は手が伸びにくくなってます(TT)

No title

☆あかんたれさん
そぉお?!仲間がいてよかった~ヽ(*^^*)ノ

そうそう 好きなものはすっごく好きなんだけど
たまに 凄く引っかかる所もあるんだよね…

そっか~ また休憩したら読みたくなるかもしれないしね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム