記事一覧

〇。母さん、ごめん。50代独身男の介護奮闘記  松浦晋也



日経BP社 (2017/8/3)
ある日、母が認知症を発症した――。息子(50代独身男)は戸惑い、狼狽する。
母と息子。たった2人の奮闘記が始まる。男一匹、ガチンコで認知症の母と向き合った。

本書を執筆したのは、科学ジャーナリストの松浦晋也です。
男性、50代。実家に母と同居しながら、気ままな独身生活がこの先も続くと信じていました。ところが、人生を謳歌していたはずの母親が認知症を患います。
母の様子がおかしいと気がついたのは、「預金通帳が見つからない」と言いだした時のこと。 誰だって、自分が確立した生活を崩したくないもの。様子がおかしいと認めなければ、それは現実にはなりません。
そんな甘い意識から見逃した母の老いの兆候は、やがてとんでもない事態につながっていきます。
初動の遅れ、事態認識の甘さ、知識、リソースの不足…。

認知症の親の介護について描かれたノンフィクションストーリーはたくさんありますが、
「50代・独身・男性」が1人で母の介護に向き合うケースはまれでしょう。
認知症・母の介護を赤裸々かつペーソスと共に描いたノンフィクションストーリー。是非、ご覧ください。
男性目線の認知症介護記録です

認知症介護 実際経験してみると認知症初期は『正論を如何に呑み込めるかが鍵だ』と思うほど理論建てた考え方が邪魔になります
認知症患者には 他者には窺い知れない『正論』があって いくら『これがこうだからこうでしょ?』と順序だてて説明しても理解してはくれません
如何に有り得ない話であろうと 認知症患者が正論と信じるものを理解してあげないと患者はどんどん不穏になって その不穏はさらにこちらを困らせるような事態へと結びついてゆき状況はどんどん悪くなっていきます

男性は女性よりも物事を理屈で考えていきます
ましてや『科学ジャーナリスト』 どんな認知症介護になったのかと参考の為に読ませて頂いたのですが やはりかなり大変だったようで…
彼自身が精神的に参ってしまい 一年半を過ぎた頃には『死ねばいいのに…』と無意識のうちにつぶやくようになり 最後にはお母様に手を挙げてしまいます
制御できない自分自身に恐怖を感じ お母様を施設に入れる決心をなさったそうです

身近で接してみて 本当に認知症というものの怖さが身に沁みます
いつ自分がなるかもわかりませんもんね…
子供に辛い思いだけはさせたくないものです

スポンサーサイト



コメント

No title

にゃ〜ごさん、素敵な本を読まれましたね。記事を拝見し、とても読んでみたいと思いました。

現在まさに、実母の介護で日々追われ、精神的に余裕がなくなりかけているような気がしています。
私にとっては、何かしらの突破口になるかも…ご紹介ありがとう!

探して見ますね。(^^)v

No title

☆たけのこさん
そうだったんですか 大変ですね…

家も同居していた義母が認知症だと診断されてから 多くの方のブログや話題になっている本などを読んで勉強させて頂きました

主人が義母を怒ることが多く 男の人の気持ちを知りたくてこの本を読んでみました
男の人の書いた物らしく 無駄なく淡々と書かれています
男性目線のものなので お役に立てるかどうかわかりませんが… 少しでもきっかけになればいいですね!


少しですが経験して思うのは お母様の介護が普通の介護ならいいのですが もし認知症の介護でしたら
お友達で認知症の介護をしている人と励まし合うのが一番いいのではないかと思います

認知症の介護でのストレスは 認知症の介護している人にしか絶対わかって貰えない…
反対に言うと 言わなくても解ってもらえるというのが とても救いになりますよ~

もし 認知症でないのでしたらスルーしてください

No title

にゃ〜ごさん、かえって心配をかけてしまいましたね、すみません。
アドバイスまで、ありがとうございます。

実母は、転倒による骨折を繰り返し、歩行及び身の回りのことをするのが、困難な状態。独り暮らしなので、毎日通い食事や身の回りの事をしているだけなんですが、時間に追われて気持ちに余裕がなく、切り替えなくてはと思っていたところだったんです。
ご紹介ありがとうございます。

No title

☆たけのこさん
そうだったんですね… 早とちりでごめんなさい

毎日というのは大変ですね
介護認定を受けてヘルパーさんの助けが借りれるといいのですが… 難しいのかな

お母様を思う気持ちも大切ですが たけのこさんが倒れる事のないようにしてくださいね…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム