記事一覧

◎。子守歌  カーリン・イェルハルドセン 木村由利子訳



東京創元社(2015/6/28)
眠るようにベッドに横たわる母と二人の幼い子ども。だが喉の傷と大量の血が、彼らが殺されたことを物語っていた。
母親は失業中だが夫とは別居し、女手一つで子どもたちを育てていた。一家と親しかったらしい謎の男性の存在。母子が住む高級アパートを買ったのはその男なのか。
やがてショーベリ警視以下捜査陣は信じがたい事実にたどりつく。

好評ショーベリ警視シリーズ第三弾。
シリーズ第三弾 ますますおもしろくなってきました!
といっても この作品はとっても哀しいのですが…

シリーズ最初の感想に 登場人物が魅力的と書きましたが その中で今一つつかみどころのなかったエリクソン こんな形で登場するなんて…
ごくありふれた日常の一場面 軽い気持ちで少しの時間 隣人に子供を預けたことが 不幸の連鎖を呼んでいく 
それぞれの人間が苦しんでいるだけに なんとも切ないお話です

そして 一作目から続いているペトラの事件 なんとも…な展開になってきました
三部作と聞いていたので エッ!?これで終わり?と思ったら 8作目まで続いて完結するそうです でも、まだ ここまでしか翻訳されていない

続きの出るのが待ち遠しいなぁ~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム