記事一覧

☆ 三鬼 三島屋変調百物語四之続  宮部みゆき



日本経済新聞出版社 (2016/12/10)
江戸の洒落者たちに人気の袋物屋、神田の三島屋は“お嬢さん"のおちかが一度に一人の語り手を招き入れての変わり百物語も評判だ。
訪れる客は、村でただ一人お化けを見たという百姓の娘に、夏場はそっくり休業する絶品の弁当屋、山陰の小藩の元江戸家老、心の時を十四歳で止めた老婆。
亡者、憑き神、家の守り神、とあの世やあやかしの者を通して、せつない話、こわい話、悲しい話を語りだす。

「もう、胸を塞ぐものはない」それぞれの客の身の処し方に感じ入る、聞き手のおちかの身にもやがて心ゆれる出来事が……
第一話 迷いの旅籠 第二話 食客ひだる神 第三話 三鬼 第四話 おくらさま
大好きな「三島屋変調百物語」シリーズの第四弾
今回は 一話ずつでも一冊の本になるんじゃないかと思うくらい充実したお話四つ
安心して堪能させて頂きました…

ー 恐ろしく、忌まわしく、悲しい話であっても それは人の言葉で語られるものだ。
そこには語り手と、話のなかで語られる人びとの命の温もりがこもっている。ー

私は昔こういう妖しや怪談めいたお話は 現実離れしているようで好きではなかった 
でも、宮部さんのお話を読んでいると そういうお話の中にある人間の真実が垣間見える気がする
この世のものにあらざるものは 人の心にあるのかもしれないと思えるようになった
人の心の弱さや悲しみや恨みや そういう心に積った思いがこんな形で語られるのだと このシリーズでまた感じさせて貰った


おちかは言う「ここにいらっしゃる語り手の方々のお話を伺うことは、きっと(痛めた心の)いい手当てになると思います」
人の心の痛みに触れる事で 己が痛みも心に飼う事が出来るようになるのかな…

ー思っても思っても思うようにならないときは なるようになってりゃいいんだよー


前作でおちかといい感じになるかと思われた 塾の若先生こと青野利一郎が 故郷に帰ることになったのは残念だけど 三島屋の次男 富次郎や 瓢箪古堂の若旦那 勘一の登場で 次作は少し雰囲気が変わりそう… 楽しみだ~♪

スポンサーサイト



コメント

No title

このシリーズ、大好きです!!!

絶えず図書館の新刊をチェックしてますよ♪

早く次を読みたいですね~~~

No title

☆あかんたれさん
いいですよね!ヽ(*^^*)ノ

私は新刊情報に疎いので いつも出遅れていっぱい待たないと読めません(ノ_・。)
あかんたれさんの情報、頼りにしてます^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム