記事一覧

◎。ビブリア古書堂の事件手帖7~栞子さんと果てない舞台~  三上延




KADOKAWA (2017/2/25)
ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。
奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。
人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる。
大人気シリーズ「ビブリア古書堂の事件簿」 とうとう最終章です…

一作目が当たったからとシリーズになってなし崩しに終わるシリーズ作品が多い中 これは全体の構想がしっかりしているシリーズだなぁと感じていましたが 期待通りしっかりと着地してくださいました

なぜ 栞子の母が家を出たのか?全体を通していた謎の答えが明らかになります
突っ込めば 家族を捨てて家を出るような話?ってか 世界中を探すって言っても情報が入らないと探しようがないし~ 家で情報を集めながら有力情報が入ったら出掛けて行くんでいいんじゃない?と思ったりもしますが…(笑)
まぁ「犯罪を犯すほどの古書に対する執着」というこの物語の幹自体がそもそも理解できないのですから それを言ったら物語が成り立ちませんね

この本単独の謎解きはちょっと物足りない気もしますが シリーズ全体のファイナルとしては うまく収まっていると思います
これで読めなくなるのかと寂しく思っていましたが スピンオフなどの構想もあるようなので 楽しみにしたいと思います

三上延さん 他の作品はどうなんだろ? 読んでみようかなぁ…
スポンサーサイト



コメント

No title

昨日、読了しました^^

確かに『それ程の理由か???』って成りますよね。。。が、それは言わないオヤクソク。。。でしょうか

No title

☆あかんたれさん
そうそう! オヤクソク(笑)

でも そういうちょっとした違和感がとっても気になって 物語そのものが受け入れ難くなる物と この作品のようにそれはそれとして置いといて(笑) 作品は楽しめる物とありますよね…
何がどう違うんだろう? 不思議です^^;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム