記事一覧

◎ 蜂蜜と遠雷  恩田陸



幻冬舎 (2016/9/23)
3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。
養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。
彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!
恩田さんが直木賞受賞ということで 読むのを楽しみにしていました
とても恩田さんらしい作品で これで受賞というのは良かったんじゃないかな^^

雰囲気は「チョコレートコスモス」に似た感じ お芝居か音楽かの違いで天才同士が
感化されて成長してゆく所は似通っていると思う
この作品は 音楽の素晴らしさを強調していていることで「チョコレートコスモス」より纏まりが良くなってるように感じます

「音楽を連れ出せ」
「音楽を閉じ込めているのはホールや教会じゃない。人の意識だ。」

音楽、特にクラッシックは 長い月日の中で色々な常識や価値観が出来てしまって ただシンプルに「音を楽しむ」ことを忘れてしまっているのではないか?
音楽を蜜蜂の羽音を楽しむようにシンプルに音として楽しめたら… そんな想いが溢れていて共感できました


ストーリーがありがちな事、演奏や音楽の素晴らしさを表現する言葉が画一的な事、同じような場面や表現の繰り返しが多い事など 気になる部分もたくさんありましたが 全体としては勢いがあって楽しく読ませて頂きました

恩田さん 「遠野物語」のようなお話はもう書かれないのかなぁ…
スポンサーサイト



コメント

No title

私も読みましたよ^^

素敵な時間を堪能しました

恩田作品、何冊か読んでますが、一番のオススメは何ですか?

No title

☆あかんたれさん
恩田さんは 私には評価の難しい作家さんで 面白いのだけれど☆5つの作品というのは無いんですよ~
☆4くらいの作品がたくさんある作家さんです

これが一番!というのは無いのですが 昔読んだ本で印象にのこっているのは 初期の代表作ともいえる「夜のピクニック」 学園物で「麦の海の沈む果実」
このブログを始めてからだと「蛇行する川のほとり」
この作品がお好きなら「チョコレートコスモス」はおもしろいんじゃないかな…
↑に書いた「遠野物語」は私は好きですが 好みのわかれる作品だと思います

一番のお薦めと聞かれたのに 優柔不断の返事ですいません(;^_^A

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム