記事一覧

◎。ホリデー・イン  坂木司



文藝春秋 (2014/5/27)
元ヤンでホストの沖田大和の生活が、しっかり者の小学生・進の登場で一変!
思いもよらず突然現れた息子と暮らすことになった大和は、宅配便会社「ハニー・ビー・エクスプレス」のドライバーに転身するが……荷物の世界も親子の世界も謎とトラブルの連続。宅急便会社の仲間や、ホストクラブの経営者で女装のジャスミン、ナンバーワンホストの雪夜らをも巻き込んでの大騒動を描いた『ワーキング・ホリデー』が刊行されたのは2007年。2012年にはその後の大和と進の物語を書いた『ウィンター・ホリデー』が、同年には『ワーキング・ホリデー』が映画化され、人気となっている「ホリデー」シリーズから誕生した、初のスピンアウト短編集が本作『ホリデー・イン』である。
今回は親子の物語ではなく、彼らを取り巻く愛すべき人々のもうひとつの物語。ジャスミン、雪夜、進らそれぞれを主人公にした6編が収録された。

01「ジャスミンの部屋」 …… クラブ経営者が拾った謎の中年男の正体は?
02「大東の彼女」 …… お気楽フリーターの大東の家族には実は重い過去があった
03「雪夜の朝」 …… 完璧すぎるホストの雪夜にだってムカつく相手はいるんだ!
04「ナナの好きなくちびる」 … お嬢様ナナがクラブ・ジャスミンにはまった理由
05「前へ、進」 …… まだ見ぬ父を探し当てた小学生の進の目の前には――
06「ジャスミンの残像」 …… ヤンキーだった大和とジャスミンの出逢いの瞬間 どの作品も登場人物たちの過去の秘密を明かしつつ、ハートウォーミングな結末は読者を暖かな気持にしてくれる。

『和菓子のアン』で大ブレイク中の坂木さんの、さらなる魅力を惹き出すお洒落な作品集だ。
「ホリデー」シリーズから誕生した、初のスピンアウト短編集

魅力的な登場人物を違う角度から見れるのが嬉しい^^
本編とはちょっとイメージが違っていて それぞれの人物に近づける感じがする

大東は本編で感じたより優しい人だったし 完璧なイメージだった雪夜は寂しがりで我儘な一面があった ナナの過去は思ったより濃密だったし 進も物語のなかで見ていたより迷いや戸惑いがあったのだと気づく
ジャスミンはいつものジャスミンで素敵だったけれど…「ジャスミンの部屋」では”おっさん”に持ってかれたかなw
もしホリデーシリーズが続くなら この”おっさん”に登場して欲しいな♪

スポンサーサイト



コメント

No title

お邪魔します^^

私もこのシリーズ大好きです!
坂木さん、ハマッテます

No title

私、坂木さん大好きなんです^^
でもこの‘ホリデーイン’はまだ読んでないです
さっそく探してみます♪

No title

☆あかんたれさん
坂木さん いいですね~♪
ぜひ読み進めたい作家さんです

あかんたれさんの感想 参考にさせて頂きますね^^

No title

☆如月さん
坂木さん 楽しかったです♪
私は「和菓子のアン」しか読んだことが無かったのですが ぜひ他の作品も読んでみたいと思いました

お勧めがあったら教えてくださいね^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム