記事一覧

〇 東福門院和子の涙  宮尾登美子



講談社 (1996/9/12)
徳川2代将軍の娘和子(まさこ)は、史上初めて、武家から朝廷に嫁ぎ、「稀なる福運の姫君」と称えられた。戦国を毅然として生きた女性・お市の方の血を引いて、自らの苦悩は決して語らない女性であったが、宮廷の冷たい仕打ちは、中宮の紅絹(もみ)の布が知っていた……。
涙を秘めた慈愛の国母を描いて、深い感動をよぶ長編小説。
今迄読んだ3冊があまり物語性がなかったので 宮尾登美子さんという事で最後に楽しみに取っておいたのだけれど… なんだか中途半端な感じの物語だった

侍女の目を通して語られているのだけれど その分それぞれの気持ちに踏み込めないで上っ面をなぞった感じになっている
何より『東福門院和子の涙』と言うので 徳川と宮家の間で板挟みになってさぞかし涙を流されたと思うけれど どんな風に切り取られるのだろう? と楽しみにしていたけれど 描かれているのは院の御寵愛のことばかり…

宮尾登美子さんということで もうちょっと深いお話が読めるかと期待していたのでがっかりでした(ノ_・。)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム