記事一覧

◎ 小川洋子の陶酔短編箱  小川洋子



河出書房新社 (2014/1/14)
河童、猫、牧神、鮫、鯉……。動物や生き物たちと人間たち。
「河童玉」(川上弘美)、「愛撫」(梶井基次郎)など選び抜かれた16本と小川洋子のエッセイが奏でる究極のアンソロジー集!
ブロ友さんが「小川洋子の偏愛短編箱」を紹介されているのを見て読みたいと思ったのですが 図書館に無かったのでこちらを読んでみました

「偏愛…」と同じく 小川さんが選ばれた短編に彼女が解説エッセイを付けています
1.「河童玉」川上弘美 … 仏頂玉
2.「遊動円木」葛西善蔵 … 友だちに恵まれない人生
3.「外科室」泉鏡花 … 鳴らないポケットベル
4.「愛撫」梶井基次郎 … 文鳥のピアス
5.「牧神の春」中井英夫 … 動物園の檻
6.「逢びき」木山捷平 … ズロース問題
7.「雨の中で最初に濡れる」魚住陽子 …禁を犯す
8.「鯉」井伏鱒二 … 食べてはならないもの
9.「いりみだれた散歩」武田泰淳 … 食パンの死骸
10.「雀」色川武大 … 死後の父
11.「犯された兎」平岡篤頼 … バニーガールの尻尾
12.「流山寺」小池真理子 … 線香の列
13.「五人の男」庄野潤三 … 選択のやり直し
14.「空想」武者小路実篤 … 空想俱楽部
15.「行方」日和聡子 … 影踏み
16.「ラプンツェル未遂事件」岸本佐和子 …塔と刺繍

錚々たるメンバーの短編は 勉強不足の私には初読みの作家さんも多かったのだけれど 想像以上に面白かったです♪
小川さんはパワーを感じる作家さんなのですが 小川さんの文章をくすませるほどにそれぞれの短編が力強い!楽しませて頂きました

まぁ 小川さんチョイスらしい『ブンガクテキ』なものが多かったので どこまで理解できているか怪しいものですが…

スポンサーサイト



コメント

No title

小川さんは純文学の人なんだなぁ、と改めて思いますね。
こういうのを読ませてもらえるのはとても有難いことだと思います。

No title

☆こにさん
ほんとうにそうですね~
劣等生の私は こういうスタンダードな方々の作品をあまり読んだことがないので こういう形で読ませていただけるのは とても有り難いです^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム