記事一覧

南木 佳士(なぎ けいし) 読了リスト

 南木 佳士(なぎ けいし、本名:霜田 哲夫、1951年10月13日 - )は、日本の小説家、医師。既婚。 秋田大学医学部卒業、佐久総合病院勤務。 1981年「破水」で第53回文学界新人賞を受賞し小説家デビュー。1982年「重い陽光」で第87回芥川賞候補。1983年に「活火山」、1985年に「木の家」、1986年も「エチオピアからの手紙」で芥川賞候補となる。 1989年「ダイヤモンドダスト」で第100回芥川賞を受賞。 1990年から1996年、パ...

続きを読む

◎ 阿弥陀堂だより 南木佳士

文藝春秋 (1995/06)作家としての行き詰まりを感じていた孝夫は、医者である妻・美智子が心の病を得たのを機に、故郷の信州へ戻ることにした。山里の美しい村でふたりが出会ったのは、村人の霊を祀る「阿弥陀堂」に暮らす老婆、難病とたたかいながら明るく生きる娘 小百合。静かな時の流れと豊かな自然のなかでふたりが見つけたものとは…。 医師の妻が流産をきっかけに心の病に陥り 癒しを求めて故郷へ 書けないでいる作家の...

続きを読む

木内 昇(きうち のぼり) 読了リスト

木内 昇(きうち のぼり、1967年 - )は日本の女性作家、編集者。東京都出身。中央大学文学部哲学科心理学専攻卒業。出版社勤務を経て独立し、インタヴュー雑誌『Spotting』を主宰するなど、フリーランスの編集者、ライターとして活躍。2004年に『新選組幕末の青嵐』で小説家としてもデビュー。2008年『茗荷谷の猫』を執筆 2009年第2回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞受賞。2011年『漂砂のうたう』で第144回直木賞受賞。2014年『櫛...

続きを読む

☆ 茗荷谷の猫 木内昇

平凡社 (2008/9/6)新種の桜造りに心傾ける植木職人「染井の桜」、世にも稀なる効能を持つ黒焼を生み出さんとする若者の呻吟「黒焼道話」、茗荷谷の一軒家で絵を描きあぐねる文枝。庭の物置には猫の親子が棲みついた摩訶不思議な表題作「茗荷谷の猫」、内田百閒の魔力に呑まれそうになる地方出身者「仲之町の大入道」、乱歩に惹かれ、世間から逃れ続ける高等遊民「隠れる」、開戦前の浅草で新しい映画を夢みる青年「庄助さん」、復...

続きを読む

須賀しのぶ(すが しのぶ) 読了リスト

 須賀しのぶ(すが しのぶ、1972年11月7日 - )は、日本の小説家。 埼玉県出身。上智大学文学部史学科卒業。『惑星童話』で1994年上期コバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞。以後、ライトノベルを中心に活躍。2007年『スイート・ダイアリーズ』より一般文芸に移行。 2013年『芙蓉千里』三部作で第12回センスオブジェンダー賞大賞受賞。2010年『神の棘』で第13回大藪春彦賞候補。2016年『革命前夜』で第18回大藪春彦賞受賞、...

続きを読む

◎。荒城に白百合ありて 須賀しのぶ

KADOKAWA (2019/11/21)薩摩藩士の岡元伊織は昌平坂学問所で学ぶ俊才であったが、攘夷に沸く学友のように新たな世への期待を抱ききれずにいた。そんな中、伊織は安政の大地震の際に、燃え盛る江戸の町をひとりさまよい歩く、美しい少女を見つけた。あやかしのような彼女は訊いた。「このくには、終わるの?」と。伊織は悟った。「彼女は自分と同じこの世に馴染めぬいきものである」と。それが、伊織の運命を揺るがす青垣鏡子という女...

続きを読む

海外作品 ア行の作家

    アイノ・クーシネン 坂内知子訳    ○。革命の堕天使たち   アレックス・シアラー 金原瑞人訳    ○ 海のはてまで連れてって    △ 青空のむこう   アンソニー・ドーア 訳 藤井光    ☆ すべての見えない光    アンドレイ・クルコフ 沼野恭子訳    ◎。ペンギンの憂鬱   アン・モロウ・リンドバーグ 吉田健一訳    ○ 海からの贈物   アーナルデュル・インドリダソン 柳沢由美子訳...

続きを読む

〇 アミ 3度目の約束 エンリケ・バリオス 訳:石原彰二

徳間書店 (2000/12/1)  いよいよクライマックスを迎えた宇宙人アミ・シリーズ。第2巻で異星から来た自分の「双子の魂」ビンカに出会った地球の少年ペドゥリートは、もう彼女なしでは生きられない、彼女と共に地球で暮らしたい、と願うようになる。そして宇宙人アミとビンカと共に、ビンカの両親に会いに行くのだが…。 前2巻と比べて、仲間の救出劇など、ハラハラ、ドキドキの立ち回りが多く、読者は一気に急展開していく...

続きを読む

△ もどってきたアミ エンリケ・バリオス 訳:石原彰二

徳間書店 (2000/11)アミとの宇宙旅行体験を『アミ 小さな宇宙人』として出版したペドゥリート。アミは本を出せばまた迎えに来てくれると言った。ようやくもどってきたアミ。しかし、円盤の中には異星の少女ビンカが同乗していた。アミと訪れた宇宙母船の中で、"地球救済計画"の司令官から大切なメッセージを託された少年ペドゥリートと少女ビンカ。二人が本来の"自分の使命"と"魂の由来"に気づかされた時、アミは真実の姿を現わし...

続きを読む

△ アミ 小さな宇宙人 エンリケ・バリオス 訳:石原彰二

徳間書店; 新装改訂版 (2000/12/1)すてきなほほ笑みと子どものような愛らしさをたたえた宇宙人アミが、地球の少年ペドゥリートを宇宙の「理想郷」に案内してくれるというお話。 南米チリに生れ、世界各地を旅してきた著者が、人類普遍の「愛」の哲学を平易な言葉で語る、メッセージ性の強い作品。童話の体裁をとっており、「理想郷」の描写も童心にあふれた楽しいもの。 著者にとっての「理想郷」を真正面から描いている部分に、違...

続きを読む

遠田 潤子(とおだ じゅんこ)

遠田 潤子(とおだ じゅんこ、1966年1月6日 - )は、日本の小説家。大阪府生まれ。大阪府在住。関西大学文学部独逸文学科卒業。2009年、専業主婦を続ける傍ら執筆した『月桃夜』で第21回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビューする。ドストエフスキーや森鴎外の作品世界の「理不尽な何か」に惹かれ、創作活動をはじめた。   月桃夜(2009.11)   アンチェルの蝶(2011.12)   鳴いて血を吐く(2012.9)→ 改題 カラヴ...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム