記事一覧

あさの あつこ:読了作品リスト

あさの あつこ(1954年9月14日 - 、本名・浅野 敦子)は、日本の小説家、児童文学作家。小説『バッテリー』は のべ1000万部を超えるベストセラーを記録した他、野間児童文芸賞、日本児童文学者協会賞などを受賞。日本児童文学者協会会員。=児童・少年少女向け= *バッテリー   ◎ バッテリー 1~6 (1996-2005)  *「光と闇 の旅人」シリーズ:時空ハンターYUKI(2005)を改題   ○ 暗き闇に閉ざされた街 =光と闇の旅...

続きを読む

◎ 鬼を待つ あさのあつこ

光文社 (2019/5/23)北定町廻りの同心、木暮信次郎と、岡っ引、伊佐治は、大工の棟梁が五寸釘で首を刺された事件を探る。小間物問屋の遠野屋清之介は、亡き女房おりんと瓜二つの女と出逢い、欲に呑み込まれた商と政に翻弄されていく。疼く。騒めく。震える。亡き女房と瓜二つの女。五寸釘が首を貫く禍々しい死。欲に呑み込まれていく、商と政。剣呑で厄介な同心・木暮信次郎×刺客の過去をもつ商人・遠野屋清之介。男たちは、どう決...

続きを読む

◎。夜哭鳥 ~羽州ぼろ鳶組2~ 今村翔吾

祥伝社 (2017/7/12)「八咫烏」の異名を取り、江戸一番の火消加賀鳶を率いる大音勘九郎を非道な罠が襲う。身内を攫い、出動を妨害、被害の拡大を狙う何者かに標的にされたのだ。家族を諦めようとする勘九郎に対し、「火喰鳥」松永源吾率いる羽州「ぼろ鳶」組は、大音一家を救い、卑劣な敵を止めるため、果敢に出張るが……。業火を前に命を張った男たちの団結。手に汗握る傑作時代小説。 このシリーズ ほんと楽しい^^ 内容が...

続きを読む

大島 真寿美(おおしま ますみ):読了作品リスト

大島 真寿美(おおしま ますみ、1962年9月19日- )は、日本の小説家。愛知県名古屋市出身。南山短期大学人間関係科卒業。高校在学中より脚本の執筆を開始。1985年より劇団「垂直分布」主宰(1992年解散)、脚本・演出を担当。 小説家へ転身し、高校在学中の講演会で卒業生の山田正紀から受けた助言に従って新人賞への応募を開始。1992年「春の手品師」で第74回文學界新人賞受賞。同年すばる文学賞最終候補となった『宙の家』が刊...

続きを読む

◎。渦 妹背山婦女庭訓 魂結び 大島真寿美

文藝春秋 (2019/3/11)虚実の渦を作り出した、もう一人の近松がいた──「妹背山婦女庭訓」や「本朝廿四孝」などを生んだ人形浄瑠璃作者、近松半二の生涯を描いた比類なき名作! 江戸時代、芝居小屋が立ち並ぶ大坂・道頓堀。 大阪の儒学者・穂積以貫の次男として生まれた成章(のちの半二)。 末楽しみな賢い子供だったが、浄瑠璃好きの父に手をひかれて、竹本座に通い出してから、浄瑠璃の魅力に取り付かれる。 父からもらった近松門左...

続きを読む

太田 忠司(おおた ただし):読了作品リスト

太田 忠司(おおた ただし、1959年2月24日 - )は日本の推理作家。愛知県名古屋市出身[1]。名古屋工業大学工学部電気工学科卒業[1]。大学在学中に「星新一ショートショート・コンテスト」優秀作を受賞[1]。その後サラリーマンの傍らショートショートを執筆する。1990年初の長編ミステリ『僕の殺人』の出版をきっかけに専業作家となる[1]。映画化もされた『新宿少年探偵団』をはじめ、ジュブナイルミステリを多く執筆。 =シリーズ...

続きを読む

〇。ミステリなふたり 3.4 太田忠司

 東京創元社 (2013/8/29)  (2018/6/21)* ミステリなふたり3 a la carte 氷の女王」と渾名される鬼刑事の景子さんの夫は、料理上手で優しい新太郎くん。二人はごく普通じゃない出会いを経て(殺人現場)、ごく普通に結婚しました―京堂家の食卓に並ぶのは、旦那さまお手製のご馳走と名推理。キッチンの安楽椅子探偵が大活躍の8編を収録。* ミステリなふたり4 あなたにお茶と音楽を雪に埋もれるように亡くなった恋人たち。現...

続きを読む

〇。本を守ろうとする猫の話 夏川草介

小学館 (2017/1/31)夏川草介『神様のカルテ』シリーズ外、初の長編!「お前は、ただの物知りになりたいのか?」 夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。 ...

続きを読む

☆ 火喰鳥 ~羽州ぼろ鳶組~ 今村翔吾

祥伝社 (2017/3/15)かつて、江戸随一と呼ばれた武家火消がいた。その名は、松永源吾。別名「火喰鳥」ー。しかし、五年前の火事が原因で、今は妻の深雪と貧乏浪人暮らし。そんな彼の元に出羽新庄藩から突然仕官の誘いが。壊滅した藩の火消組織を再建してほしいという。「ぼろ鳶」と揶揄される火消たちを率い、源吾は昔の輝きを取り戻すことができるのか。興奮必至、迫力の時代小説。 先日読んだ『童の神』が良かったので 他の...

続きを読む

西條 奈加(さいじょう なか)

西條 奈加(さいじょう なか、1964年11月9日- )は、日本の小説家。1964年、北海道中川郡池田町に生まれる。北海道帯広三条高等学校を経て、東京英語専門学校を卒業。貿易会社勤務を経る。2005年、『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞しデビューする。2012年、『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞。2015年、『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞。 主に時代小説を得意とする。初期...

続きを読む

〇。永田町小町バトル 西條奈加

実業之日本社 (2019/1/31)野党・民衛党から出馬し、初当選した芹沢小町は、「現役キャバクラ嬢」にしてシングルマザー。夜の銀座で働く親専門の託児施設を立ち上げた行動力と、物怖じしないキャラクターがメディアで話題となり、働く母親たちから熱い支持を集めたのだ。待機児童、保活、賃金格差、貧困…課題山積みの“子育て後進国”ニッポンに、男社会・永田町に、小町のパワーは風穴を開けられるのか!? 「法律を変えて、予算を勝...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム