記事一覧

◎ 罪の声  塩田武士

講談社 (2016/8/3)「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門第1位! 第7回山田風太郎賞受賞作。朝日新聞「天声人語」など各種メディアで紹介。逃げ続けることが、人生だった。家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。「これは、自分の声だ」京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メ...

続きを読む

◎。風神の手  道尾秀介

朝日新聞出版 (2018/1/4)「すべてのエピソードが伏線」「ひとつも無駄がない」 著者の新たな代表作。彼/彼女らの人生は重なり、つながる。 隠された“因果律(めぐりあわせ)"の鍵を握るのは、一体誰なのかーー 遺影専門の写真館「鏡影館」がある街を舞台にした、 朝日新聞連載の「口笛鳥」を含む長編小説。 読み進めるごとに出来事の〈意味〉が反転しながらつながっていき、 数十年の歳月が流れていく──。 道尾秀介にしか描けない...

続きを読む

行ってきました!!  スイス ザンクトガレン修道院図書館

にゃ~ごの 世界の図書館めぐり今回は スイス ザンクトガレン修道院図書館 です世界の美しい図書館 より修道院に併設された現在の図書館は1767年に建造されたものである。世界最大級の中世期文献の蔵書数を誇り、欧州ドイツ語圏内では、中世初期の文献に関する包括的なコレクションを抱えている図書館のひとつ。雰囲気としては 前回行った プラハのストラホフ修道院に似た感じかな… 世界にはほんとうに美しい図書館がた...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム