記事一覧

◎。暗いブティック通り  パトリック・モディアノ 平岡篤頼訳

 白水社 2005.5.25 パリの私立探偵事務所で、〈私〉は、ユットと一緒に働いていた。そこに勤める前の記憶は、ない。〈私〉は、過去の思い出を取り戻すためにパリの街をさまよううち、せつない事実に次々と……。 雪景色の中、幸せな日々をすごしていた恋人たちは、なぜ、突然の悲劇に引き裂かれたのか?  ゴンクール賞を受賞した、繊細で、ミステリータッチな物語。先日ノーベル賞を受賞された パトリック・モディア...

続きを読む

○ あなたの人生、片づけます  垣谷美雨

  双葉社 2014.10.10社内不倫に疲れた30代OL、妻に先立たれた老人、子供に見捨てられた資産家老女、ある一部屋だけを掃除する汚部屋主婦……。片づけ屋・大庭十萬里、物を捨てられない、片づけられない住人たちの前に現れる。この本を読んだら、きっとあなたも部屋を片づけたくなる!  「ケース1清算」「ケース2木魚堂」「ケース3豪商の館」「ケース4きれいすぎる部屋」 片づけ屋・大庭十萬里が関わった4つ...

続きを読む

◎ 首折り男のための協奏曲  伊坂幸太郎

 新潮社 2014.1.31首折り男は首を折り、黒澤は物を盗み、小説家は物語を紡ぎ、あなたはこの本を貪り読む。胸元えぐる豪速球から消える魔球まで、出し惜しみなく投じられた「ネタ」の数々! 「首折り男」に驚嘆し、「恋」に惑って「怪談」に震え「合コン」では泣き笑い。黒澤を「悪意」が襲い、「クワガタ」は覗き見され、父は子のため「復讐者」になる。技巧と趣向が奇跡的に融合した七つの物語を収める、贅沢すぎる連作集。&n...

続きを読む

○ 白銀ジャック  東野圭吾

 実業之日本社 2010 10 5ゲレンデの下に爆弾が埋まっている―― 「我々は、いつ、どこからでも爆破できる」。年の瀬のスキー場に脅迫状が届いた。警察に通報できない状況を嘲笑うかのように繰り返される、山中でのトリッキーな身代金奪取。雪上を乗っ取った犯人の動機は金目当てか、それとも復讐か。すべての鍵は、一年前に血に染まった禁断のゲレンデにあり。今、犯人との命を賭けたレースが始まる。圧倒的な疾走感で読者...

続きを読む

* 赤毛のアンシリーズ ルーシー・M・モンゴメリ 村岡花子訳

  「赤毛のアン」は カナダでは1908年に 日本では1952年に村岡花子訳で出版*赤毛のアン…ちょっとした手違いから、グリン・ゲイブルスの老兄妹 マリラとマシュウに引き取られたやせっぽちの孤児アン。初めは戸惑っていた2人も、明るいアンを愛するようになり、夢のように美しいプリンス・エドワード島の自然の中で、アンは少女から乙女へと成長してゆく――。愛に飢えた、元気な人参あたまのアンが巻き起す愉快な事件の数々に...

続きを読む

* 赤毛のアン シリーズ  ルーシー・M・モンゴメリ 村岡花子訳

 初めて読んだ小学生の時から 何度となく読み返しているシリーズ 「赤毛のアン」は 私に本を読む素晴らしさを教えてくれた作品です   一冊の本を読むことで 見たこともない遥か彼方、そして時間さえ超えて 美しい風景が目の前に広がり 登場人物たちが生き生きと動き出す  本って 開くだけで別世界へと旅ができるのです♪  *赤毛のアン…ちょっとした手違いから、グリン・ゲ...

続きを読む

○。疾風ロンド  東野圭吾

 実業之日本社 2013.11.15強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪が解け、気温が上昇すれば散乱する仕組みだ。場所を知りたければ3億円を支払え―そう脅迫してきた犯人が事故死してしまった。上司から生物兵器の回収を命じられた研究員は、息子と共に、とあるスキー場に向かった。頼みの綱は目印のテディベア。だが予想外の出来事が、次々と彼等を襲う。ラスト1頁まで気が抜けない娯楽快作。 白銀ジャックの続編というか 根津と千...

続きを読む

○。思い出のマーニー  ジョーン・G. ロビンソン 松野正子訳

                               岩波書店:新版 2003.7.16養い親のもとを離れ、転地のため海辺の村の老夫婦にあずけられた少女アンナ。孤独なアンナは、同い年の不思議な少女マーニーと友だちになり、毎日二人で遊びます。ところが、村人はだれもマーニーのことを知らないのでした。  ある日、マーニーは、...

続きを読む

◎。悪医  久坂部羊

 朝日新聞出版 2013.11.7現役の医師でもあり作家でもある著者が、満を持して取り組んだ「悪い医者とは?」を問いかける感動の医療長編小説。 がん治療の拠点病院で、52歳の胃がん患者の小仲はがんが再発したあと、外科医の森川医師より「これ以上、治療の余地がありません」と告げられた。「私にすれば、死ねと言われたのも同然」と、小仲は衝撃のあまり診察室を飛び出す。小仲は大学病院でのセカンドオピニオンを断られ、抗が...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム