記事一覧

◎ ペンギン・ハイウェイ  森見登美彦

森見登美彦ワールド第2章の幕が開く!小学4年生のぼくが住む郊外の街に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎の研究を始めるが―。冒険と驚きに満ちた長編小説 2010年 第31回 日本SF大賞受賞“今回の作品は舞台が京都ではないし、主人公は大学生ではない。つまり、まったく新しい森見ワールドが展開されています” と担当編集者のコメントにあるよう...

続きを読む

◎ ストーリー・セラー  有川浩

新潮社 (2010/8/20)物語に愛された人から、物語を愛する人へ。心を込めて、この小説を贈ります。このままずっと小説を書き続けるか、あるいは……。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。 「Story Seller」に発表された一篇に、単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版!「Story Sell...

続きを読む

◎ てふてふ荘へようこそ  乾ルカ

ある街の高台に佇むおんぼろアパート「てふてふ荘」。敷金礼金なし、家賃はわずか月1万3千円、最初の1ヶ月は家賃をとらない。破格の裏には、秘密があって…。直木賞候補作『あの日にかえりたい』の異才が挑んだ、笑いあり涙ありの連作ヒューマンドラマ!このアパート、なにやら秘密があります。特異な事情を抱えた6人の住人たちが出会った奇跡。切なくて、哀しくて、でもあったかい、おんぼろアパート物語。今まで読んだ乾ルカ...

続きを読む

朝吹 真理子(あさぶき まりこ):読了作品リスト

朝吹 真理子(あさぶき まりこ、1984年12月19日 - )は、日本の小説家。東京都出身。慶應義塾大学大学院文学研究科国文学専攻修士課程修了。近世歌舞伎を専攻し、修士論文のテーマは鶴屋南北。 吉増剛造を囲む会にてスピーチしたところ、それを聞いていた編集者から小説を書くよう熱心に勧められた。それをきっかけに、小説家としてのデビュー作「流跡」を『新潮』2009年10月号に発表、2010年、堀江敏幸の選考で第20回Bunkamu...

続きを読む

◎ カッコウの卵は誰のもの  東野圭吾

2010.1親子の愛情に、揺さぶりがかけられる。覚悟を決めた父親は、試練にどう立ち向かうのか 父と娘、親子二代続けてのトップスキーヤー。娘の所属チームの研究者は、二人の遺伝子パターンを調べさせてほしいと考える。しかし、了承するわけにはいかない。父には、どうしても知られたくない秘密があった。娘が生まれた19年前からの忌まわしい秘密が。遺伝子と聞いて 勝手に遺伝子操作の話だと思い込んでいたのですが 全く...

続きを読む

○ きことわ  朝吹真理子

永遠子は夢をみる。貴子は夢をみない。葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏、突然断ち切られたふたりの親密な時間が、25年後、別荘の解体を前にして、ふたたび流れはじめる―。第144回芥川賞受賞。 貴子(きこ)と永遠子(とわこ)。ともに過ごした葉山の夏の日から25年――。恐るべき新鋭による瞠目の芥川賞受賞作!葉山の高台にある別荘で、幼い日をともに過ごした貴子と永遠子。ある夏...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム