記事一覧

◎ フォーティ 翼ふたたび  石田衣良

人生の半分が終わってしまった それも、いいほうの半分が会社を辞めて、投げやりにプロデュース業を始めた喜一・40歳の元を訪れる、四十代の依頼人たち凋落したIT企業社長、やりての銀行マン、引きこもり… 生きることの困難とその先にある希望を見つめて、著者が初めて同世代を描いた感動長編4TEENもよかったけれど これもよかった石田衣良の恋愛物は苦手だけれど こういうのはいいな 会社をやめて自分でプ...

続きを読む

◎ アルバトロスは羽ばたかない  七河迦南

童養護施設・七海学園に勤めて三年目の保育士・北沢春菜は、多忙な仕事に追われながらも、学園の日常に起きる不可思議な事件の解明に励んでいる そんな慌ただしい日々に、学園の少年少女が通う高校の文化祭の日に起きた、校舎屋上からの転落事件が影を落とす警察の見解通り、これは単なる「不慮の事故」なのか?だが、この件に先立つ春から晩秋にかけて春菜が奔走した、学園の子どもたちに関わる四つの事件に、意外な真相に繋...

続きを読む

◎ その後のツレがうつになりまして。  細川貂々

仕事のストレスでうつ病にかかったツレは、明るい前向きな人間から、暗いがんばれない人間になったでも、三年間の闘病生活を妻とともに乗り越え、回復したのだツレの性格は以前と違うし、あきらめたこともたくさんあるけれど、ふたりは少しずつ変化を受け入れていく― うつ病後の日々を描く大ベストセラーの純愛コミックエッセイ第二弾“ツレうつ”の続編 1.“ツレうつ”を出してみて。  2.うつになって、わかっこと。...

続きを読む

◎ ツレがうつになりまして。  細川貂々

スーパーサラリーマンだったツレがある日、突然「死にたい」とつぶやいた会社の激務とストレスでうつ病になってしまったのだ 明るくがんばりやだったツレが、後ろ向きのがんばれない人間になったもう元気だったツレは戻ってこないの? 病気と闘う夫を愛とユーモアで支える日々を描き、大ベストセラーとなった感動の純愛コミックエッセイ映画化された“ツレうつ”の原作コミック 深刻になりがちな闘病記を ギャグ漫画...

続きを読む

◎ 猫にかまけて  町田康

気位が高く威厳に満ちたココア、犬の血が混じっているのではないかと思うほど人懐っこいゲンゾー、遊び好きで無邪気なヘッケ、並外れて気の強い奈奈―縁あって共に暮らした、ちょっと面白い奴ら 手を焼かされ、言い負かされ、それでもいつも一緒にいた写真と文章で綴った、猫たちとのいとおしい日々 パンク作家が綴る、愛する猫たちとの生活私には友人が四頭います ココア、ゲンゾー、ヘッケ、奈奈彼らとの交流を、文章と著...

続きを読む

◎ ひとがた流し  北村薫

十代の頃から、大切な時間を共有してきた女友達、千波、牧子、美々 人生の苛酷な試練のなかで、千波は思う 「人が生きていく時、力になるのは自分が生きていることを切実に願う誰かが、いるかどうか」なのだと 幼い頃、人の形に作った紙に願い事を書いて、母と共に川に流した…流れゆく人生の時間のなかで祈り願う想いが重なりあう―人と人の絆に深く心揺さぶられる長編小説北村氏はどうしてこんなに女性の心がわかるのか...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム