記事一覧

◎ 蝦蟇倉市事件 1

東京創元社 (2010/1/27)海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉(がまくら)この街ではなぜか年間平均15件もの不可能犯罪が起こるという 自殺の名所に、怪しげな新興宗教や謎の相談屋  不可能犯罪専門の刑事に、とんでもない市長、そして無価値な置物を要求する脅迫者――様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ! 今注目の作家たちが、全員で作り上げた架空の街を舞台に描く、超豪華競作アンソロジー第1弾&n...

続きを読む

◎ ジェネラル・ルージュの伝説  海堂尊

「ジェネラル・ルージュの凱旋」のスピンオフ小説救命救急医・速水が「将軍」と呼ばれるきっかけとなった事件や 「ナイチンゲール・・」の城崎と冴子の出逢いが描かれています また、海堂尊の日々を綴ったエッセイや、創作の秘密を惜しみなく明かした自作解説も収録さらに広がり続ける「海堂尊ワールド」を徹底解剖した、登場人物一覧&関係図&年表&用語解説&医療事典付き  スピンオフ小説の部分もおもしろかったし...

続きを読む

☆ 影法師  百田尚樹

講談社 (2010/5/21)光があるから影ができるのか 影があるから光が生まれるのか・・・ ここに 時代小説でなければ書けない男たちがいる 父の遺骸を前にして泣く自分に「武士の子なら泣くなっ」と怒鳴った幼い少年の姿 作法も知らぬまま、ただ刀を合わせて刎頚の契りを交わした十四の秋 それから― 竹馬の友・磯貝彦四郎の不遇の死を知った国家老・名倉彰蔵は その死の真相を追うおまえに何が起きた おまえは何をし...

続きを読む

☆ 天地明察  冲方丁

江戸、四代将軍家綱の御代 戦国期の流血と混迷が未だ大きな傷として記憶されているこの時代に、ある「プロジェクト」が立ちあがった即ち、日本独自の太陰暦を作り上げること武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結ぶこの計画は、そのまま文治国家として日本が変革を遂げる象徴でもあった 実行者として選ばれたのは渋川春海碁打ちの名門に生まれながら安穏の日々に倦み、和算に生き甲斐を見いだすこの青年に時の老中...

続きを読む

◎ Dカラーバケーション  加藤実秋

風営法の改正に合わせ、営業形態を変更させたclub indigoカジュアルなカフェ風の二部を設け、若手ホストが接客を担当するようになる 他者に興味を持たないイマドキな若手ホストはトラブルを運んでくるし、渋谷警察署の豆柴は殺人事件に巻き込まれるし、開店以来一度も休んだことのない憂夜が突然休暇を取れば厄介で大きな問題が巻き起こる 愛すべきホストクラブに集う、一風変わったホスト探偵団の活躍を描く...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム