記事一覧

◎ 終末のフール  伊坂幸太郎

集英社 (2006/3/24)八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する―そう予告されてから五年が過ぎた頃当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す  家族の再生、新しい生命への希望、過去の恩讐はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語 限りある生を、人は...

続きを読む

◎ ナイチンゲールの沈黙  海堂尊

東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生...

続きを読む

◎ Anniversary50 =カッパ・ノベルス創刊50周年記念作品=

光文社 (2009/12/17)人気シリーズを含めた、すべて書下ろしのアンソロジー「50」をキーワードに、本格推理から時代小説まで幅広く、多彩な物語が生まれました一見簡単そうで実は難しい「縛り」に、人気作家が果敢に挑んだ「豪華作品」です 収録されている作品には、大沢在昌氏の「新宿鮫」の鮫島をはじめ、森村誠一氏の作品には棟居刑事、横山秀夫氏の作品には"終身検視官"の異名を持つ倉石などが登場し、ファンにはたまらな...

続きを読む

☆ 夏光  乾ルカ

哲彦が疎開先の漁村で出会った少年・喬史の顔の左半分を覆う真っ黒な痣村人たちはそれをスナメリの祟りと忌み嫌うが、痣に埋もれた喬史の左目にはもっと恐ろしい秘密があった― 表題作など、グロテスクな美意識が異彩を放つ驚異のデビュー作  オール讀物新人賞受賞 〈第一部〉「夏光」・・・上記「夜鷹の朝」・・・静養の為に世話になった家で出逢ったマスクをした少女 なのにその家には子供はいないという彼女はいっ...

続きを読む

☆ ダカフェ日記  撮影・森友治

しあわせって、きっとこういうこと 『日本ブログ大賞2006』写真大賞受賞1日3万アクセスの大人気ブログが写真集になりました! 夫婦ふたり、子供ふたりと犬いっぴき どこにでもいそうな家族が繰り広げる日常の出来事を、父親ならではの愛情あふれる視点で切り取った楽しく美しい写真とユーモアあふれる博多弁の文章、斬新なページデザインが話題を集め、現在では1日に3万アクセスを誇る大人気ブログ『ダカフェ日記』その...

続きを読む

○ 学問  山田詠美

東京から引っ越してきた仁美、リーダー格で人気者の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂 4人は、友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた 一歩一歩、大人の世界に近づいていく彼らの毎日を彩る、生と性の輝きそしてやがて訪れる、それぞれの人生の終り 高度成長期の海辺の街を舞台に、4人が過ごしたかけがえのない時間を、この上なく官能的な言葉で紡ぎ出す、渾身の傑作長篇 山田詠美さん ...

続きを読む

☆ 植物図鑑  有川浩

角川書店(角川グループパブリッシング) (2009/7/1)ある日、道ばたに落ちていた彼「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか? 咬みません 躾のできたよい子です」 楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる― 書き下ろし番外編に加え、イツキ特製“道草料理レシピ”も掲載 これ 私にはまさにツボでした!!恋愛小説は苦手^^; と思っていたのにこんな青臭いものなら大丈夫だったのね… まさに少女漫画...

続きを読む

☆ 晩鐘  乃南アサ

運命が変わったあの日から七年、誰もが心に癒しがたい傷を負った日々・・・容疑者、被害者、遺族、人生を狂わされた人々を救う手立てとは一体何か?話題作『風紋』続編 母親を殺害された高浜真裕子は、そのとき高校二年生 心に癒しがたい傷を負った一方、加害者の子供たち大輔と絵里は長崎の祖父母のもとに預けられ、父と母を知らずに成長する 運命が変わったあの日から七年、かけがえのない人をもぎ取られた真裕子の心...

続きを読む

◎ Invitation

文藝春秋 (2010/1/12)まさにオールスター 超豪華な8人のミューズたちが腕によりをかけた絶品短篇集 トップは江國香織さん。別居中の人妻の寝室に蛾が舞い込んで……甘美で繊細で、実はけっこう怖い小説の館の扉が開かれます『猫を抱いて象と泳ぐ』でリトル・アリョーヒンの奇跡を描いた小川洋子さんは巨人に挑戦、川上さんの軽み、小池さんの切なさと続いて、桐野さんはなんと時代物、高樹さんはミステリータッチ高村さん描く...

続きを読む

☆ 人生の地図  編著 高橋歩

この本は、シンプルに、自分を知るための本だ。 誰もが、自由に、自分の好きなように、人生という名の旅を楽しむために。小さなきっかけになるかもしれない、いくつかの破片を集めてみた。 旅の途中で、ふっと立ち止まり、地図を広げてみてはどうだろう。今、いる場所を確かめたり、これから先の旅路について考えてみたり、今まで歩いてきた道を振り返ってみたり・・・。 01 “DESIRE”―「欲求」 なにを欲...

続きを読む

○ 京大芸人  菅広文

お笑いコンビ・ロザンの菅が描く自伝的小説 芸人として成功する近道は、相方になる予定の宇治原を京都大学にいれること!高性能勉強ロボ・ウジハラの京大合格大作戦が始まった ≪ひとつ気づいたことがあった。暗記している宇治原の教科書なのだが、宇治原は教科書にアンダーラインを引かなかった。「おまえ、教科書にアンダーライン引けへんの?」「どこに?」「いや、重要なところに」「教科書に載ってることなんか全部...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム