記事一覧

◎ 巣立ち〈お鳥見女房5〉  諸田玲子

珠世は女房から姑へ  肩の荷を下ろせるはずが、これまでにない試練と苦労が生まれる 矢島家の長男、久太郎がついに嫁を取る  しかし、相手は珠世の主に苛酷な影働きを命じ、いまや失脚した老中水野忠邦に連なる家の娘だった佳き日を迎えるまでの心労、そして婚礼でも思わぬ波乱が・・・ 家族がひとり増えれば、苦労も増え、また去り行く人もいるものみな変わり行くなか、変わらぬ機微と情愛で珠世は家族を包み込める...

続きを読む

☆ 狐狸の恋〈お鳥見女房4〉  諸田玲子

夫伴之助が任務を終えて家に帰り、矢島家には平穏が戻りかけていた お鳥見役に任命された長男久太郎には縁談が持ち上がり、次男の久之助にも想い人が…その成長は頼もしいが、久太郎の相手は一家の敵・老中水野忠邦に連なる家の娘、久之助の見初めた娘にも家がらみの事情があった 子らそれぞれの幸せを願って温かい珠世の笑顔が、家族の絆を支える好評シリーズ第4弾  シリーズ第4弾!どんどん面白くなってい...

続きを読む

○ きりこについて  西加奈子

きりこはぶすな女の子 美しいってどういうこと? 生きるってつらいこと?きりこがみつけた世の中でいちばん大切なこと 人の言葉がわかる、黒猫をひろったことからはじまる物語 なんと言うか・・・個性的な小説ですね~(;^_^A  言いたい事はとってもわかるし おもしろいのだけれど・・・独特の雰囲気に馴染みきれなかった っていう感じかな~ 器も含めて自分自身だということも ちゃんときりこはわか...

続きを読む

◎ 新参者  東野圭吾

2009.9日本橋。江戸の匂いも残るこの町の一角で発見された、ひとり暮らしの四十代女性の絞殺死体。「どうして、あんなにいい人が…」周囲がこう声を重ねる彼女の身に何が起きていたのか。着任したばかりの刑事・加賀恭一郎は、事件の謎を解き明かすため、未知の土地を歩き回る。もう、彼女は語れない。彼が伝える、その優しさを。悲しみを、喜びを。日本橋の一角でひとり暮らしの女性が絞殺された。着任したての刑事・加賀恭一郎の...

続きを読む

○ 泳いで帰れ  奥田英朗

光文社 (2004/11/18)行動しない作家、オリンピックに行く! 長嶋ジャパンを追いかける予定が、柔道会場で声を嗄らし、女子マラソンのゴールで手に汗握り、果てはエーゲ海クルーズにまで出かけてしまう 新・直木賞作家のアテネ五輪爆笑旅日記  奥田さんのエッセイを初めて読みました小説を拝見していて この人ってどんな人なの??と興味津々だったのですが・・・ 伊良部医師シリーズを読んで すっごく変わっ...

続きを読む

◎ 鷹姫さま〈お鳥見女房3〉  諸田玲子

女だてらに鷹狩りに行きたがり「鷹姫さま」と呼ばれる気性の烈しい娘と嫡男久太郎との縁談、次女君江のひそやかな恋 子らの成長と行く末を、珠世は情愛深く見守る また、鷹狩りを司り、幕府隠密の任務もあるお鳥見役の主も、過酷な勤めを終えて帰ってきた妻として深い痛みを抱えた夫を気づかう―珠世の才智に心温まる  シリーズ第三弾無事帰ってきた主源之助 だか心に大きな傷を負っていたそんな夫を ただただ暖かい空気...

続きを読む

◎ 蛍の行方〈お鳥見女房2〉  諸田玲子

密命を帯び、お鳥見役の主が消息を絶って一年余り 留守を預かる女房珠世に心休まる日はない 身近かに暮らす子供らの人知れぬ悩みを知って心くだき、その成長を見守り、隠居となった父の寂寥を慰め、組屋敷に転がり込んだ男女と幼子らの行く末を案じる…人生の哀歓を江戸郊外の四季の移ろいとともに描く連作短編 珠世の情愛と機転に、心がじんわり熱くなる―お鳥見一家の清爽人情話  シリーズ第二弾 未だ行方の判ら...

続きを読む

◎ お鳥見女房  諸田玲子

将軍の鷹狩りの下準備をするお鳥見役には、幕府の密偵という裏の役割があった 江戸郊外、雑司ケ谷の組屋敷に暮らす矢島家は、当主が任務のため旅立ち、留守宅を女房・珠世が切り盛りしているそんな屋敷に、ある日、子だくさんの浪人者が押しかけて来て… さまざまな難題を持ち前の明るさと機転で解決していく珠世その笑顔と大家族の情愛に心安らぐ、人気シリーズ第一作  お鳥見役の家に生まれ その家で婿を取...

続きを読む

◎ 希望ヶ丘の人びと  重松清

2009.1いじめ、学級崩壊、モンスター・ペアレント、家族の死… 70年代初めに開発された街・希望ヶ丘…そこは、2年前にガンで逝った妻のふるさとだった…亡き妻の思い出のニュータウンに暮らす父子を描く感動長編 内容は重松さんらしい 青少年が抱かえる問題と中年の大人達のジレンマ っていう感じなんだけれどなんか いつもと雰囲気が違うように思った なんていうか・・・全体的に ストーリーもキャラもデフォ...

続きを読む

◎ 流星さがし  柴田よしき

光文社 (2009/8/20)新米弁護士・成瀬歌義は、京都の人権派弁護士の事務所から、東京の大手法律事務所に移籍してきた 武者修行してこい、というわけだ ところが、勝手の違うことばかり熱意は空回りし、依頼人には嫌われ、あげくには関西弁がよくない、とまで言われてしまうしかも、持ち込まれる相談も、一風変わったものばかりで… 青年弁護士の奮闘と成長がまぶしい、爽やかな傑作青春ミステリー “桜さがし”に登場...

続きを読む

◎ しゃぼん玉  乃南アサ

親からも見捨てられ、通り魔や強盗障害を繰り返す無軌道な若者・伊豆見翔人は、逃亡途中で宮崎の山村にたどり着く 成り行きから助けた老婆スマの家に滞在することになった翔人は、近所の老人シゲ爺の野良仕事を手伝ううちに村の暮らしに馴染んでいくが… 現代の若者の“絶望感”をこまやかな心理描写で描き出す傑作長篇サスペンス  実際には こんなにうまくは行かないのかも知らないけれど  でも、ひとりでも...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム