記事一覧

◎ マイ・ブルー・ヘブン〈東京バンドワゴン4〉 小路幸也

集英社 (2009/4/24)東京バンドワゴン、感動の番外編!おなじみの幽霊おばあちゃん・サチの娘時代を終戦直後の東京を舞台に描く感動長編国家の未来に関わる重要文書を託され身を追われるサチが堀田家に出会い、強く優しい仲間達に守られて奮闘する! 東京バンドワゴン 番外編♪サチさんと勘一さんの出会いの頃の物語。。。バンドワゴンで名前の登場したジョーやマリア、かずみちゃんに十郎さん 勘一さんのご両親やその他の登場人物...

続きを読む

○ ホームレス中学生  田村裕

麒麟・田村のせつな面白い貧乏生活がついに小説に!中学生時代の田村少年が、ある日突然住む家を無くし、近所の公園に一人住むようになる超リアルストーリーダンボールで飢えを凌ぎ、ハトのエサであるパンくずを拾い集めた幼き日々から、いつも遠くで見守ってくれていた母へ想いが詰まった、笑えて泣ける貧乏自叙伝 なぜに今頃・・・(;^_^A 最初 読むつもりがなかったのですがブームも下り坂に差し掛かった頃 友達の書評を読んで...

続きを読む

◎ 堕天使殺人事件  新世紀謎倶楽部

角川書店 (1999/09)堕天使!堕天使!この稀代の怪人は一挙に男女十数名を惨殺し、日本各地に花嫁衣裳の死体をバラ撤いた。警察の必死の捜査を尻目に、完全密室に殺人を敢行し、はたまた空中に雲散霧消したかと疑わしむるなど、その妖術はまさに千変万化。この恐るべき兇賊に狙われた人々の悲運…そこへ躍り出た義侠の名探偵がどうしてこれを黙過すべき、敢然奮起してここに知恵比べ腕比べ胆比べ、殺人鬼と雌雄を決する痛快壮烈の大活...

続きを読む

☆ 第三の時効  横山秀夫 

殺人事件の時効成立目前 現場の刑事にも知らされず、巧妙に仕組まれていた「第三の時効」とはいったい何か!?刑事たちの生々しい葛藤と、逮捕への執念を鋭くえぐる表題作ほか、全六篇の連作短篇集本格ミステリにして警察小説の最高峰との呼び声も高い本作を貫くのは、硬質なエレガンス圧倒的な破壊力で、あぶり出されるのは、男たちの矜持だ―大人気、F県警強行犯シリーズ第一弾短編集ということで 長編好きの私はのめりこめる...

続きを読む

◎ 果つる底なき  池井戸潤

「これは貸しだからな」ーーー 謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった…坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ一人、銀行の暗闇に立ち向かう!  第四四回江戸川乱歩賞受賞作池井戸さん いいですね~(⌒^⌒)b私は「空飛ぶタイヤ」よりこっちの方が好きかも・・・「空飛ぶタイヤ」でも感じたのだけれど ...

続きを読む

○ 家族の言い訳  森浩美

家族に悩まされ、家族に助けられている誰の人生だってたくさんの痛み、苦しみ、そして喜びに溢れている―作詞家・森浩美がその筆才を小説に振るい、リアルな設定の上に「大人の純粋さ」を浮かび上がらせた『ホタルの熱』『おかあちゃんの口紅』はラジオドラマや入試問題にもなった出色の感動作あなたの中の「いい人」にきっと出会える、まっすぐな人生小説をお届けします著者は 森川由加里の「SHOW ME」やSMAPの「青いイ...

続きを読む

☆ 4TEEN  石田衣良

東京湾に浮かぶ月島。ぼくらは今日も自転車で、風よりも早くこの街を駆け抜けるナオト、ダイ、ジュン、テツロー、中学2年の同級生4人組それぞれ悩みはあるけれど一緒ならどこまでも行ける、もしかしたら空だって飛べるかもしれない―友情、恋、性、暴力、病気、死 出会ったすべてを精一杯に受けとめて成長してゆく14歳の少年達を描いた爽快青春ストーリー  直木賞受賞作 今までにも石田衣良さんの作品は2,3冊読んだことが...

続きを読む

☆ 夜叉桜  あさのあつこ

江戸の町で女が次々と殺された北定町廻り同心の木暮信次郎は、被害者が挿していた簪が小間物問屋主人・清之介の「遠野屋」で売られていたことを知る因縁ある二人が再び交差したとき、事件の真相とともに女たちの哀しすぎる過去が浮かび上がった生きることの辛さ、人間の怖ろしさと同時に、人の深い愛を『バッテリー』の著者が満を持して描いたシリーズ第二作 「弥勒の月」に続く シリーズ第二作目どんどん嵌っていきます!(*^m^*)...

続きを読む

◎ 対岸の彼女  角田光代

女社長の葵と専業主婦の小夜子 二人の出会いと友情は、些細なことから亀裂を生じていくが……孤独から希望へ、感動の傑作長篇 専業主婦の小夜子は、ベンチャー企業の女社長、葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始めるが……結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、それだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう多様化した現代を生きる女性の、友情と亀裂を描く傑作長編 第132回直木賞受賞作 働...

続きを読む

◎ 龍神の雨  道尾秀介

添木田 蓮と妹の楓は母を亡くして継父と共に暮らす、一方の溝田辰也と弟の圭介は継母と暮らす二家族とも本当の両親はいず、家庭に問題を抱えていたそして今、未曾有の台風が二組の家族を襲う・・・人は、やむにやまれぬ犯罪に対し、どこまで償いを負わねばならないのだろう『雨のせいで』そう思うことで人は流されてしまうものなのか最注目の新鋭が描く、慟哭と贖罪の最新長編 しっかりしたミステリーの枠組みの中に読み応えのあ...

続きを読む

◎ のぼうの城  和田竜

時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった武州・忍城。周囲を湖で囲まれ、「浮城」と呼ばれていた城代・成田長親は、領民から「のぼう様」と呼ばれ、泰然としている男智も仁も勇もないが、しかし、誰も及ばぬ「人気」があった― “のぼう”は“でくのぼう”のこと百姓にまで 正面きって“のぼう様”と呼ばれるほど でくのぼう然とした長親そのとぼけた顔の裏にあるものとは・・・人を動かす力というのは 人に...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム