記事一覧

◎ 花が咲くとき  乾ルカ

祥伝社 2016.3.10札幌で暮らす小学六年生の瀬川大介には、自らの鬱屈を晴らすささやかな楽しみがあった。 それは隣家に住む、指が二本ない謎の老人佐藤北海が見守る貧弱な樹がつける花芽を削 り取ること。開花を待つ北海の喜びを奪うことで、不満を溜めた老人が“暴発"することを願っ ていた。だが、夏休みに入ったある日、大介の油断を衝いてその樹が白い花を咲かせる。そ れを見た北海は突如ボストンバッグを抱えて旅に出発、両親...

続きを読む

◯。願いながら祈りながら  乾ルカ

徳間書店 2014.3.12まるで時の女神が回収し忘れたようだ。北の大地の片隅に、ぽつんとたたずむ中学校分校には、一年生四人と三年生一人が学んでいた。たった五人でも、自称霊感少女もいれば、嘘つきな少年もいる。そこに赴任してきたのは、まったくやる気のない若い教師。けれど、やがて彼が知ることになる少年の嘘の痛ましい理由とは?ときには悩み、傷つきながらも、成長していく五人の、胸を打つ青春前期物語。 廃校間際の分校...

続きを読む

◎ てふてふ荘へようこそ  乾ルカ

ある街の高台に佇むおんぼろアパート「てふてふ荘」。敷金礼金なし、家賃はわずか月1万3千円、最初の1ヶ月は家賃をとらない。破格の裏には、秘密があって…。直木賞候補作『あの日にかえりたい』の異才が挑んだ、笑いあり涙ありの連作ヒューマンドラマ!このアパート、なにやら秘密があります。特異な事情を抱えた6人の住人たちが出会った奇跡。切なくて、哀しくて、でもあったかい、おんぼろアパート物語。今まで読んだ乾ルカ...

続きを読む

◎ メグル  乾ルカ

「あなたはこれよ。断らないでね」奇妙な迫力を持つ大学学生部の女性職員から半ば強要され、仕方なく指定されたアルバイト先に足を運んだ大学生たちそのアルバイトは、彼らに何をもたらすのか? 五人の若者を通して描かれるのは、さまざまな感情を揺り動かす人間ドラマと小さな奇蹟の物語小説の楽しみを存分に詰め込んだ愛すべき傑作、鮮やかに登場 大学学生部のミステリアスな女性職員 ユウキさん から紹介されたアル...

続きを読む

☆ 夏光  乾ルカ

哲彦が疎開先の漁村で出会った少年・喬史の顔の左半分を覆う真っ黒な痣村人たちはそれをスナメリの祟りと忌み嫌うが、痣に埋もれた喬史の左目にはもっと恐ろしい秘密があった― 表題作など、グロテスクな美意識が異彩を放つ驚異のデビュー作  オール讀物新人賞受賞 〈第一部〉「夏光」・・・上記「夜鷹の朝」・・・静養の為に世話になった家で出逢ったマスクをした少女 なのにその家には子供はいないという彼女はいっ...

続きを読む

◎ あの日にかえりたい  乾ルカ

北海道を舞台に、時を超え「あの日」へ帰る人びとの、小さな奇跡と希望を描く、感動の傑作短編集!施設で会った80歳の老人は、介護士の卵でボランティアにきた「わたし」だけには心を開いてくれた彼の嘘のような失敗続きの半生記にただ聞き入る日々あるとき老人が呟いたひとこと「あの日にかえりたい」の真意とは……!?戦慄と感動の表題作ほかいじめられっ子の家出少年と動物園の飼育員のひと夏の交流「真夜中の動物園」地震に遭った...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム