記事一覧

有川 浩/有川 ひろ(ありかわ ひろ):読了作品リスト

有川 浩(ありかわ ひろ)1972年6月9日[1] - )は、日本の女性小説家、ライトノベル作家。高知県出身、関西在住。園田学園女子大学卒。既婚者。2003年に『塩の街 wish on my precious』で第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し、ライトノベルでデビューしながらも、2作目からは一般文芸書籍と同等のハードカバー出版が続いており、文庫で出版されたデビュー作『塩の街』も、後にハードカバーで再出版された。 デビュー作から3作続...

続きを読む

◯ キャロリング  有川浩

幻冬舎 2014.10.22大和俊介が務める子供服メーカー『エンジェル・メーカー』は経営不振で12月25日で「クリスマス倒産」することとなった。学童保育もしており、ただ1人田所航平だけは最後の日まで世話になることになっていた。航平の両親は別居中で母親の圭子と共に年明けには海外に行く予定だった。両親に離婚して欲しくない航平は何とかして両親を仲直りさせるべく、大和の同僚の折原柊子と共に父親の祐二の居る横浜へと向かう。...

続きを読む

◎ 明日の子供たち  有川浩

幻冬舎 2014.8.8児童養護施設に転職した元営業マンの三田村慎平はやる気は人一倍ある新任職員。和泉和恵・愛想はないが涙もろい3年目。猪俣吉行・理論派の熱血ベテラン。谷村奏子・聞き分けのよい“問題のない子供”16歳。平田久志・大人より大人びている17歳。想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!児童養護施設を舞台に繰り広げられるドラマティック長篇。有川作品らしいはっきりとしたテーマを掲げた作品ですそして...

続きを読む

○。ヒア・カムズ・ザ・サン  有川浩

 新潮社 2011年11月真也は30歳。出版社で編集の仕事をしている。彼は幼い頃から、品物や場所に残された、人間の記憶が見えた。強い記憶は鮮やかに。何年経っても、鮮やかに。ある日、真也は会社の同僚のカオルとともに成田空港へ行く。カオルの父が、アメリカから20年ぶりに帰国したのだ。父は、ハリウッドで映画の仕事をしていると言う。しかし、真也の目には、全く違う景色が見えた…。 わずか7行のあらすじから...

続きを読む

◎ 空飛ぶ広報室  有川浩

 幻冬舎 2012年7月戦闘機パイロットの夢を不慮の事故で断たれた空井大祐が、転勤先の防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室で出会ったのは、記者の夢を断たれ悶々としていたテレビディレクターの稲葉リカだった。大の自衛隊嫌いのリカの言葉に刺激されながら、空井は、少しずつ新しい夢を追い始める。 広報という「お仕事小説」としても、自衛隊ラブコメとしても楽しめます。また、書き下ろしの「あの日の松島」は、3.11の松...

続きを読む

◎ 旅猫リポート  有川浩

 文藝春秋 2012年11月秘密を抱いた青年と一匹の相棒は“最後の旅”にでた・・・ 子供の頃から日本各地に引越しを繰り返してきたサトルは、愛猫ナナを連れて、懐かしい人々を訪ねる旅に出る。家業を継いだものの妻が家出中の幼馴染、今や立派な農業家となった中学時代の親友、高校・大学の同級生同士で結婚してペンションを営む友人カップル……行く先々で思い出を語る時間は、サトルとナナを迎える人々の胸の内にもささやか...

続きを読む

◎ 三匹のおっさん ふたたび  有川浩

 文藝春秋 2012年3月ご近所限定正義の味方、見参!武闘派二匹(キヨ&シゲ)&頭脳派一匹(ノリ)が町のトラブルに立ち向かう還歴ヒーロー活劇シリーズ最新刊「待ってました!」と声を掛けたくなるような 楽しく気持ちのいいシリーズ(になるのかな?)です^^ 今回は 3匹もさることながらその子供世代のお話がいいなぁ第一話のお嬢様育ちで世間知らずの清田家の嫁 貴子(祐希の母)の話や 第五話のシゲの息子で「...

続きを読む

○ 有川浩脚本集 もう一つのシアター!  有川浩

アスキーメディアワークス (2011/5/25)春川巧が主宰を務める小劇団『シアターフラッグ』。300万の負債を抱え解散の危機が迫る劇団に、地方都市の高校から学校公演の依頼が舞い込む  利益が見込めないことを理由に反対する鉄血宰相・春川司を尻目に、初めての公演依頼に舞い上がる『シアターフラッグ』のメンバー達  しかし、意気揚々と学校へ乗り込む彼らに思いも寄らぬトラブルが次々と降りかかり…!? 有川浩が舞台...

続きを読む

◎ シアター!・シアター!2  有川浩

アスキー・メディアワークス (2009/12/16) (2011/1/25)シアター!小劇団「シアターフラッグ」―ファンも多いが、解散の危機が迫っていた…そう、お金がないのだ!!その負債額なんと300万円!悩んだ主宰の春川巧は兄の司に泣きつく。司は巧にお金を貸す代わりに「2年間で劇団の収益からこの300万を返せ。できない場合は劇団を潰せ」と厳しい条件を出した。新星プロ声優・羽田千歳が加わり一癖も二癖もある劇団員は十名に。そ...

続きを読む

☆ 県庁おもてなし課  有川浩

角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/3/29)地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋  とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課” 観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…「バカか、あんたらは」 いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!? 掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦...

続きを読む

○ クジラの彼  有川浩

角川書店 (2007/2/1)『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった聡子が出会った冬原は潜水艦乗り いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからないそんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる… 表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾≪あらすじ≫...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム