記事一覧

◎ ガールズストーリー  あさのあつこ

『バッテリー』『ガールズ・ブルー』で、若者の気持ちを透明感溢れる筆致で描いたあさのあつこが、江戸を舞台に紡ぎ出した青春「時代」ミステリー 主人公のおいちは16歳の娘ざかり江戸深川の菖蒲長屋で医師である父・松庵の仕事を手伝い、忙しい日々を送っていたいつか父のように人の命を救える立場になり自分の足で人生を切り拓いていきたい、との思いを胸に秘めて おいちが他の娘と違うのは、この世に思いを残して死ん...

続きを読む

◎ 火群(ほむら)のごとく  あさのあつこ

山河豊かな小舞(おまい)藩、父代わりの兄を何者かに殺された新里林弥は友らに支えられ剣の稽古に励む日々を送るが、江戸から来た家老の息子・樫井透馬との出会いから運命が動きだすやがて藩の政争と陰謀が少年たちをも巻き込み…… 身分や立場の差を超えてつながる少年剣士の友情と成長に、清々(すがすが)しい風が吹いてくるような1冊です あさのあつこさんの時代物ということで 弥勒の月シーリーズのようなものを想...

続きを読む

◎ 木練柿  あさのあつこ

あの男には力がある 人を惹き付け、呼び寄せ、使いこなす、それができる男だ娘は、男から刀を受け取り、抱き込みながら何を思い定めたのだろう もう後戻りはできない月の下でおりんは「お覚悟を」と囁いた・・・ 刀を捨てた商人遠野屋清之介 執拗に事件を追う同心木暮信次郎と岡っ引伊佐治時代小説に新しい風を吹きこんだ『弥勒の月』『夜叉桜』に続く待望のシリーズ登場  楽しみに待っていた あさのさんのシリーズ...

続きを読む

☆ 夜叉桜  あさのあつこ

江戸の町で女が次々と殺された北定町廻り同心の木暮信次郎は、被害者が挿していた簪が小間物問屋主人・清之介の「遠野屋」で売られていたことを知る因縁ある二人が再び交差したとき、事件の真相とともに女たちの哀しすぎる過去が浮かび上がった生きることの辛さ、人間の怖ろしさと同時に、人の深い愛を『バッテリー』の著者が満を持して描いたシリーズ第二作 「弥勒の月」に続く シリーズ第二作目どんどん嵌っていきます!(*^m^*)...

続きを読む

◎ 弥勒の月  あさのあつこ

小間物問屋「遠野屋」の若おかみ・おりんの溺死体が見つかった安寧の世に満たされず、心に虚空を抱える若き同心・信次郎は、妻の亡骸を前にした遠野屋主人・清之介の立ち振る舞いに違和感を覚える―この男はただの商人ではない闇の道を惑いながら歩く男たちの葛藤が炙り出す真実とはストーリーもさることながら 登場人物が魅力的!切れ者の同心でありながらどこか心に闇を持つ小暮信次郎 信次郎の父の代から手下てして働く生一本...

続きを読む

◎ バッテリー 1~6  あさのあつこ

とてもおもしろかったのだけれど・・・ でも これが中学生か?と思ってしまう 特に巧や豪やその仲間達は中学入学以前から描かれているのだけれど その年齢設定でこの思考は無理があるような・・・ 同じようなフレーズの繰り返しが多いのも気になった このお話 スッキリさせるともっとよくなるんじゃないかなぁ...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム