記事一覧

タ行の作家 読了作品

   ダン・シモンズ 酒井昭伸訳    ◎ ハイペリオン 上下    ☆ ハイペリオンの没落 上下   ダン・ブラウン 越前敏弥訳    〇 オリジン   D.カーネギー 山口博訳    ○ 人を動かす   デイヴィッド・ベニオフ 田口俊樹訳    ◎ 卵をめぐる祖父の戦争   ティムール・ヴェルメシュ 森内薫訳    ◎ 帰ってきたヒトラー   ドナ・タート 岡真知子訳    ◎ ゴールドフィンチ 1.2.3.4...

続きを読む

〇 オリジン  ダン・ブラウン 訳 越前敏弥

       KADOKAWA (2018/2/28)宗教象徴学者ラングドンは、スペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館を訪れていた。元教え子のカーシュが、“われわれはどこから来たのか”“われわれはどこへ行くのか”という人類最大の謎を解き明かす衝撃的な映像を発表するというのだ。カーシュがスポットライトを浴びて登場した次の瞬間、彼は額を撃ち抜かれて絶命した。カーシュ暗殺は、宗教界によるものか? もしくは、スペイン王宮の差し金...

続きを読む

◎ ゴールドフィンチ 1.2.3.4  ドナ・タート 訳:岡真知子

 河出書房新社 (2016/6/25)      (2016/7/26)    (2016/7/26)         (2016/8/26)美術館爆破テロで母を亡くした少年・テオは、その時美術館から1枚の名画を持ち去った―レンブラントとフェルメールを結ぶ画家、ファブリティウスの「ごしきひわ」。孤児となったテオはそのオランダ黄金時代の小さな名画とともに、波瀾万丈の運命を辿ってゆく。友情と裏切り、恋と失望、ドラッグとギャング、そして名画をめぐる恐...

続きを読む

◎ 帰ってきたヒトラー  ティムール・ヴェルメシュ 森内薫訳

        河出書房新社 (2014/1/21)2011年8月にヒトラーが突然ベルリンで目覚める。彼は自殺したことを覚えていない。まわりの人間は彼のことをヒトラーそっくりの芸人だと思い込み、彼の発言すべてを強烈なブラックジョークだと解釈する。勘違いが勘違いを呼び、彼はテレビのコメディ番組に出演し、人気者になっていく…。   危険な笑い!?総統、ついに芸人になる。ヒトラーは今でも人気者になれるのか!? ...

続きを読む

◎ 卵をめぐる祖父の戦争  デイヴィッド ベニオフ 田口 俊樹訳

早川書房 2010.8.6「ナイフの使い手だった私の祖父は十八歳になるまえにドイツ人をふたり殺している」作家のデイヴィッドは、祖父レフの戦時中の体験を取材していた。ナチス包囲下のレニングラードに暮らしていた十七歳のレフは、軍の大佐の娘の結婚式のために卵の調達を命令された。饒舌な青年兵コーリャを相棒に探索を始めることになるが、飢餓のさなか、一体どこに卵が?逆境に抗って逞しく生きる若者達の友情と冒険を描く、傑作...

続きを読む

☆ ハイペリオンの没落 上下  ダン・シモンズ  訳 酒井昭伸

連邦の誇る無敵艦隊は、アウスターの大軍勢を前に苦戦をしいられていた高度な予測能力をもつ独立AI群「テクノコア」の助言を信じ、連邦は対アウスター戦にもてる戦力のすべてをそそぎこむだがそのころ、惑星ハイペリオンを訪れた人々の眼前では、ついに「時間の墓標」が開き、驚くべき光景が展開されていた!はたして彼らの運命は?そして戦いの帰趨は?壮大な物語は、ここに驚異のクライマックスを迎える!英国SF協会賞・ロー...

続きを読む

◎ ハイペリオン 上下  ダン・シモンズ 訳 酒井昭伸

=28世紀、宇宙に進出した人類を統べる連邦政府を震撼させる事態が発生した!時を超越する殺戮者シュライクを封じこめた謎の遺跡―古来より辺境の惑星ハイペリオンに存在し、人々の畏怖と信仰を集める“時間の墓標”が開きはじめたというのだ。時を同じくして、宇宙の蛮族アウスターがハイペリオンへ大挙侵攻を開始。連邦は敵よりも早く“時間の墓標”の謎を解明すべく、七人の男女をハイペリオンへと送りだしたが…。ヒューゴー賞・ロ...

続きを読む

○ 人を動かす  D.カーネギー, 山口博

人を動かすには まず自分が変わる事! わかっているのだけれど なかなか難しいですね・・・ これは もともとは自己開発セミナーのテキストというだけあって とても解りやすくわが身に置き換えやすいので 折に触れ読み返しこんなふうに生きる事を心がけたいです ただちょっと“上から目線?”って思ったのは私だけ?^^;...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム