記事一覧

海外作品 サ行の作家

  ジョーン・G・ロビンソン 松野正子訳   ○。思い出のマーニー  スティーグ・ラーソン 訳 ヘレンハルメ美穂/岩澤雅利 =ミレニアムシリーズ3部作= →4~はダヴィド・ラーゲルクランツ著   ◎。ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上下   ☆ ミレニアム2 火と戯れる女 上下   ◎。ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上下       ⇑ クリックで各ページへ...

続きを読む

◎。ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士 上下 スティーグ・ラーソン 訳 ヘレンハルメ美穂/岩澤雅利

 早川書房(2015.12.18)宿敵ザラチェンコと対決したリスベットは、相手に重傷を負わせるが、自らも瀕死の状態に陥った。だが、二人とも病院に送られ、一命を取りとめる。この事件は、ザラチェンコと深い関係を持つ闇の組織・公安警察特別分析班の存在と、その秘密活動が明るみに出る危険性をもたらした。危機感を募らせた元班長は班のメンバーを集め、秘密を守る計画を立案する。その中には、リスベットの口を封じる卑劣な方策も...

続きを読む

☆ ミレニアム2 火と戯れる女 上下 スティーグ・ラーソン 訳 ヘレンハルメ美穂/山田美明

 早川書房(2009.4.2)女性調査員リスベットにたたきのめされた後見人のビュルマンは復讐を誓い、彼女を憎む人物に連絡を取る。そして彼女を拉致する計画が動き始めた。その頃ミカエルらはジャーナリストのダグと恋人ミアが進める人身売買と強制売春の調査をもとに、『ミレニアム』の特集号と書籍の刊行を決定する。ダグの調査では背後にザラという謎の人物がいるようだ。リスベットも独自にザラを追うが、彼女の拉致を図る者たち...

続きを読む

◎。ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 上下 スティーグ・ラーソン 訳 ヘレンハルメ美穂/岩澤雅利

 早川書房(2008.12.15)スウェーデンでは 2005月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、大物実業家の違法行為を暴く記事を発表した。だが名誉毀損で有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れた。そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。およそ40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査してほしいというのだ。解決すれば、大物実業家を破滅させる証拠を渡すという。ミカ...

続きを読む

○。思い出のマーニー  ジョーン・G. ロビンソン 松野正子訳

                               岩波書店:新版 2003.7.16養い親のもとを離れ、転地のため海辺の村の老夫婦にあずけられた少女アンナ。孤独なアンナは、同い年の不思議な少女マーニーと友だちになり、毎日二人で遊びます。ところが、村人はだれもマーニーのことを知らないのでした。  ある日、マーニーは、...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム