記事一覧

◎ パーマネント神喜劇  万城目学

新潮社 (2017/6/22)「あんたの願い、叶えてあげる」 こんな神様、信じていいの――!? デートの途中、突然時が止まった。動かない街に現れたのは、「神」と名乗る見慣れない二人の男。ペラペラまくしたてる二人に肩を叩かれ戻った世界は、あれ、何かが違う……? 面白さ、神話級! ! アヤしげな「神様」に願いを託し、叶えたり振り回されたりする人たちの、わちゃわちゃ神頼みエンターテインメント。 大森望:評どーんと大きく描かれ...

続きを読む

〇。バベル九朔  万城目学

KADOKAWA/角川書店 (2016/3/19)万城目ワールド10周年。新たな幕開けを告げる、最強の「奇書」が誕生! ! 俺を追ってくるのは、夢か? カラスか?作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、世界の一大事とは――。作家志望の「夢」を抱き、 雑居ビル「バベル九朔」の管理人を務めている俺の前に、ある日、全身黒ずくめの「カラス女」が現われ問うてきた……「扉は、どこ? バベルは壊れかけている」。巨大ネズミの徘徊、空き巣事件発生...

続きを読む

◎ 悟浄出立  万城目学

 新潮社 2014.7.22俺はもう、誰かの脇役ではない。深化したマキメワールド、開幕! 砂漠の中、悟浄は隊列の一番後ろを歩いていた。どうして俺はいつも、他の奴らの活躍を横目で見ているだけなんだ? でもある出来事をきっかけに、彼の心がほんの少し動き始める――。 西遊記の沙悟浄、三国志の趙雲、司馬遷に見向きもされないその娘。中国の古典に現れる脇役たちに焦点を当て、人生の見方まで変えてしまう連作集。  悟...

続きを読む

○。とっぴんぱらりの風太郎  万城目学

 文藝春秋 2013/9/28天下は豊臣から徳川へ―。重なりあった不運の末に、あえなく伊賀を追い出され、京(みやこ)でぼんくらな日々を送る“ニート忍者”風太郎。その人生は、1個のひょうたんとの出会いを経て、奇妙な方向へ転がっていく。やがて迫る、ふたたびの戦乱の気配。だましだまされ、斬っては斬られ、燃えさかる天守閣を目指す風太郎の前に現れたものとは? 万城目さんって突拍子もないお話を書いているようだけどとっても...

続きを読む

○ ザ・万歩計  万城目学

 文藝春秋 2010年7月 少年時代に大阪で阿呆の薫陶を受け、大学時代に自分探しの旅先で全財産を失い、はては作家目指して単身東京へ  ホルモーでついに無職を脱するも「御器齧り」に苛まれ、噛みまくるラジオに執筆を阻まれ、謎の名曲を夢想する日常は相変わらずそのすべてを飄々と綴った初エッセイ集  文庫版あとがき「その後の万歩計」を収録大阪人なんで話題がとっても身近で面白かった 特に 冒頭の“風が吹けば...

続きを読む

◎ ホルモー六景

このごろ都にはやるもの  恋文、凡ちゃん、二人静四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」  負けたら御存知、其れ「ホルモー」 このごろ都にはやるもの  元カレ、合コン、古長持  祇園祭の宵山に、浴衣で駆けます若人ら、オニと戯れ空騒ぎ、友と戯れ阿呆踊り  四神見える王城の他に、今宵も干戈の響きあり  挑むは御存知、是れ...

続きを読む

◎ 偉大なる、しゅららぼん  万城目学

琵琶湖畔の街・石走に住み続ける日出家と棗家には、代々受け継がれてきた「力」があった 高校に入学した日出涼介、日出淡十郎、棗広海が偶然同じクラスになった時、力で力を洗う戦いの幕が上がった!読み始めてすぐ「そうそう~ 万城目さんはこうでなくっちゃ!」 って思うほど 期待通りの展開(*^m^*)  ホルモー、鹿男、プリンセストヨトミ・・・京都、奈良、大阪の次は琵琶湖ですか~それぞれの作品みんな 身近な場...

続きを読む

◎ かのこちゃんとマドレーヌ夫人  万城目学

かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子 マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている 「ホルモー」「鹿男」「トヨトミ」の輪を飛び出して、万城目学が紡ぎ出す、新たな物語の世界!書き下ろし長編小説  これは 児童書になるのかな??「ホルモー」「鹿男」「トヨトミ」と来て なんの予備知識もなくこれを読んだものだから びっくりw(* ̄o ̄*)w 万...

続きを読む

◎ 鹿男あをによし  万城目学

神経衰弱と断じられ、大学の研究室を追われた28歳の「おれ」は、失意のままに教授の勧めに従って奈良の女子校に赴任する 慣れない土地柄、生意気な女子高生、得体の知れない同僚、さらに鹿・・・・・そう、鹿がとんでもないことをしてくれたおかげで「おれ」の奈良ライフは気も狂わんばかりに波瀾に満ちた日々になってしまった! 「鴨川ホルモー」で衝撃デビューの超新星が放つ、渾身の書き下ろし長編小説 「鴨川ホル...

続きを読む

☆ 鴨川ホルモー  万城目学

このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ 葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い 祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」 戦いのときは訪れて、大路小路にときの声恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎...

続きを読む

◎ プリンセス・トヨトミ  万城目学

このことは誰も知らない 五月末日の木曜日、午後四時のことである 大阪が全停止した  長く閉ざされた扉を開ける“鍵”となったのは、東京から来た会計検査院の三人の調査官と、大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった― 前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動 初、万城目作品です!同じ学校出身で同世代ということもあって モリミーと並べられる事の多い万城目さんモリミー大好きの私としては...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム