記事一覧

古内 一絵(ふるうち かずえ):読了作品リスト

古内 一絵(ふるうち かずえ、1966年 - )は、日本の小説家、翻訳家。東京都生まれ。日本大学芸術学部映画学科を卒業。映画会社勤務を経 2009年に退職。以降、中国語の翻訳家として活躍している。2010年「銀色のマーメイド」で第5回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞(刊行時『快晴フライング』に改題)。2017年『フラダン』で第6回JBBY賞(文学小説部門)を受賞。  =マカン・マランシリーズ=    マラン・マカン 二十三時の夜...

続きを読む

☆ さよならの夜食カフェ-マカン・マラン おしまい  古内一絵

中央公論新社 (2018/11/17)これまでたくさんの悩める人が訪れたカフェのクリスマス。店内では、一人の時間に浸る店主・シャールの姿が。シナモン香るココアの湯気の中、彼女―御厨清澄が心の内をひっそりと語り出す。深夜のカフェを開いた理由と、その未来を―。 マカン・マランシリーズ 最終章… とってもとっても優しい物語の最終章に相応しい締め括りだったと思います今回の4編も主人公たちも 今迄登場した人々も そして...

続きを読む

◎。きまぐれな夜食カフェ マカン・マランみたび

中央公論新社 (2017/11/18)元超エリートのイケメン、今はドラァグ・クイーンのシャールが夜だけひらくカフェ「マカン・マラン」。今回のお客様は、匿名のクレームを繰り返すアラサーOL、美味しさがわらかなくなってしまった若手料理人など。彼らにシャールが用意した《きまぐれ》料理とは――?  圧倒的人気のお仕事&お料理小説、リクエストにおこたえして第三弾が登場です! このシリーズ どんどんよくなりますね♪ネッ...

続きを読む

◎。女王さまの夜食カフェ マカン・マランふたたび  古内一絵

中央公論新社 (2016/11/16)お待たせしました! シャールさん&「マカン・マラン」復活です! 病に倒れていたドラァッグクイーンのシャールが復活し、いつものように常連がくつろげるお店に戻った「マカン・マラン」。そこには、やはり様々な悩みを抱えた人たちが集ってきて? 〈擬態〉だけ得意になる、ランチ鬱の派遣社員へ「蒸しケーキのトライフル」。夢を追うことを諦めた二十代の漫画家アシスタントに「梅雨の晴れ間の竜田揚...

続きを読む

◎ マカン・マラン 二十三時の夜食カフェ 古内一絵

中央公論新社 (2015/11/21)元エリートサラリーマンにして、今はド派手なドラッグクイーンのシャール。そんな彼女が 夜だけ開店するお店がある。そこで提供される料理には、優しさが溶け込んでいて・・・。じんわりほっくり、心があたたかくなる 至極の4作品を召し上がれ!『おかまの(おかまじゃなくドラッグクイーンよ!ってシャールさんに怒られそうですが…笑 ドラッグクイーンじゃ解りにくいので^^;)主人公が 心温まるお...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム