記事一覧

東野 圭吾(ひがしの けいご):読了作品リスト

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本の小説家。大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。本名同じ。 1981年に日本電装株式会社(現デンソー)に技術者として入社する。勤務の傍ら推理小説を書き、1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞し、小説家としてのキャリアをスタートさせる。1986年には退職し、専業作家としての道を歩むがなかなかヒッ...

続きを読む

◎ 希望の糸 東野圭吾

講談社 (2019/7/5)「死んだ人のことなんか知らない。あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。これは 加賀恭一郎シリ...

続きを読む

◎ 沈黙のパレード 東野圭吾

文藝春秋 (2018/10/11)突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川...

続きを読む

◎ 魔力の胎動  東野圭吾

KADOKAWA (2018/3/23)自然現象を見事に言い当てる、彼女の不思議な“力”はいったい何なのか――。彼女によって、悩める人たちが救われて行く……。東野圭吾が価値観を覆した衝撃のミステリ『ラプラスの魔女』の前日譚。 『ラブラスの魔女』の前日譚ということですが 読んでいなくても充分面白いと思います ただ、4章以降は 読んでいた方が楽しめるかな『ラプラスの魔女』では 謎めいてクールな感じのした円華が 結構 熱血漢...

続きを読む

◎ 素敵な日本人  東野圭吾

光文社 (2017/3/30)たとえば、毎日寝る前に一編。ゆっくり、読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ、極上の九編。読書の愉楽を、存分にどうぞ。『正月の決意』 地元の神社に初詣に行った熟年夫婦が賽銭箱の前で倒れているこの町の町長を発見した。この事件は意外な結末を迎え夫婦の運命を大きく変える事に…『十年目のバレンタインデー』 小説...

続きを読む

〇。雪煙チェイス  東野圭吾

実業之日本社 (2016/11/29)殺人の容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。彼のアリバイを証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを捜しに、竜実は日本屈指のスキー場に向かった。それを追うのは「本庁より先に捕らえろ」と命じられた所轄の刑事・小杉。村の人々も巻き込み、広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイスが始まる!どんでん返し連続の痛快ノンストップ・サスペンス。賛否両論の東野圭吾さんの『スキー場シリー...

続きを読む

〇 危険なビーナス  東野圭吾

講談社 (2016/8/26)弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である夫の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てばたつほど彼女に惹かれていく。 娯楽作品って感じでもないし 普通のサスペンス物だと思うと物足りない^^;なんか すべてにおいて中途半端! 登場人物も みんな、スッキリしない(-""-;) 主人公はただのスケベじじいだしw ...

続きを読む

◎ 恋のゴンドラ  東野圭吾

実業之日本社 (2016/11/1)真冬に集う男女8人の運命は? あの東野圭吾が“恋愛"という永遠のミステリーに真っ向から挑む。衝撃の結末から目を逸らすな! この恋の行方は、天国か地獄か。怒濤の連続どんでん返し! ↑にある謳い文句ほど大層なもんではありません(笑)まぁ 『軽く楽しめる 上質の連作恋愛ドタバタ小説』と言う感じ根津さんが登場するので 『白銀ジャック』『疾風ロンド』の流れかな同じ時期に『雪煙チェイス』という...

続きを読む

◎ 人魚の眠る家  東野圭吾

幻冬舎 (2015/11/18)娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前だった。娘がプールで溺れた―。病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか―。 久々の東野作品 「死の定義」そして「臓器提供」をテーマにした東野さんらしい社会派の作品 ...

続きを読む

◎ ラプラスの魔女  東野圭吾

KADOKAWA/角川書店 2015.5.15"円華という若い女性のボディーガードを依頼された元警官の武尾は、行動を共にするにつれ彼女には不思議な《力》が備わっているのではと、疑いはじめる。同じ頃、遠く離れた2つの温泉地で硫化水素による死亡事故が起きていた。検証に赴いた地球化学の研究者・青江は、双方の現場で謎の娘・円華を目撃する――。価値観をくつがえされる衝撃。物語に翻弄される興奮。作家デビュー30年、80作目の到達点。こ...

続きを読む

◎ マスカレード・イブ  東野圭吾

集英社 2014.8.21 ホテル・コルテシア大阪で働く山岸尚美は、ある客たちの仮面に気づく。一方、東京で発生した殺人事件の捜査に当たる新田浩介は、一人の男に目をつけた。事件の夜、男は大阪にいたと主張するが、なぜかホテル名を言わない。殺人の疑いをかけられてでも守りたい秘密とは何なのか。お客さまの仮面を守り抜くのが彼女の仕事なら、犯人の仮面を暴くのが彼の職務。二人が出会う前の、それぞれの物語。「マスカレー...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム