記事一覧

◎ 西行  白洲正子

新潮社; 改版 (1996/5/29)ーねがはくは 花のしたにて春死なむ そのきさらぎの 望月の頃ー23歳で出家し、1190年2月73歳で寂すまで平安末期の動乱の世を生きた西行。その漂泊の足跡を実地にたどりつつ、歌の読み込みに重点を置き、ゆかりの風物風土の中で味わうことによって自ずと浮かび上がってくる西行の人間的真実。待賢門院への思いなど、謎に満ち、伝説化された歌聖の姿に迫り、新たな西行像を追求する。私の知識がないので◎評...

続きを読む

○ 白洲正子自伝  白州正子

想像を超えた世界である・・・ それぞれのエピソードは平民から見ると(笑)まるで異世界のよう 登場する人物は 日本を代表する政財界の大物、芸能・芸術の第一人者 皇室とも関わりが深い こんな環境に育ち 幼い頃から“本物”に触れてきたからこそ 見極める目が養われたのだろうか・・・ 偏見にとらわれない彼女の無邪気な心とあいまって 白洲正子 という希有な人物をつくりだしたのだろうなぁ...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム