記事一覧

鈴木 るりか(すずき るりか)

鈴木 るりか(すずき るりか、2003年(平成15年)10月17日- )は、日本の小説家。東京都出身。小学4年生だった2013年9月30日、小学館が当時主催していた「12歳の文学賞」の存在を知る。同日が応募締め切り日だったが、賞品に引かれ、半日ほどで原稿用紙11枚の短編小説『Dランドは遠い』を書き上げて応募した。これが初めて書いた小説となったが、審査の結果、1024通あった応募作品の中から大賞に選ばれた。その後も2014年と2015年...

続きを読む

☆ 14歳、明日の時間割  鈴木るりか

小学館 (2018/10/17)デビュー作にして10万部のベストセラーとなった「さよなら、田中さん」の続編希望の声が多い中、「これだけ、と思われたくないのでまったく違う作品を書きます」と始まった挑戦。何度もハードルの高い宿題、改稿を乗り越えたあげく、彼女でしか書き得ない、珠玉の短編集が誕生しました。この瑞々しさ!この感性!いたるところで共感し、爆笑し、懐かしく想い、目からウロコが落ち、ハッとさせられ、そしてホロッ...

続きを読む

※ さようなら、田中さん  鈴木るりか

小学館 (2017/10/16)14歳スーパー中学生作家、待望のデビュー 史上初、小学校 4.5.6年時に 小学館が主催する「12歳の文学賞」で3年連続大賞受賞 田中花実は小学6年生。ビンボーな母子家庭だけれど、底抜けに明るいお母さんと、毎日大笑い、大食らいで過ごしている。そんな花実とお母さんを中心とした日常の大事件やささいな出来事を、時に可笑しく、時にはホロッと泣かせる筆致で描ききる。今までにないみずみずしい目線と鮮...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム