記事一覧

◎ 月の満ち欠け  佐藤正午

岩波書店 (2017/4/6)あたしは、月のように死んで、生まれ変わる──目の前にいる、この七歳の娘が、いまは亡き我が子だというのか? 三人の男と一人の少女の、三十余年におよぶ人生、その過ぎし日々が交錯し、幾重にも織り込まれてゆく。この数奇なる愛の軌跡よ! さまよえる魂の物語は、戦慄と落涙、衝撃のラストへ。欠けていた月が満ちるとき、喪われた愛が甦る。第157回直木賞受賞。 一気に読んでしまいました やっぱりこの人...

続きを読む

〇。身の上話  佐藤正午

光文社 (2009/7/18)あなたに知っておいてほしいのは、人間にとって秘密を守るのはむずかしいといことです。たとえひとりでも、あなたがだれかに当せんしたことを話したのなら、そこから少しずつうわさが広まっていくのは避けられないと考えたほうがよいでしょう。(『【その日】から読む本』第二部・第4章) 不倫相手と逃避行の後、宝くじが高額当選。巻き込まれ、流され続ける女が出合う災厄と恐怖とは。 うーん 評価の難しい本...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム