記事一覧

◎ 憂いなき街  佐々木譲

 角川春樹事務所 2014.4.26サッポロ・シティ・ジャズで賑わい始めた札幌。市内で起きた宝石商の強盗事件を追っていた機動捜査隊の津久井卓は、当番明けの夜に立ち寄ったバー「ブラックバード」にてピアニストの安西奈津美と出会う。彼女は、人気アルトサックス・プレーヤーの四方田純から声がかかり、シティ・ジャズに四方田純カルテットとしての出演を控えていた。ジャズの話をしながら急速に深まる津久井と奈津美の仲。しか...

続きを読む

◎ 人質  佐々木譲

 角川春樹事務所 2012年12月「謝ってほしいんです。あのときの県警本部長に。ぼくが要求するのはそれだけです」 5月下旬のある日。生活安全課所属の小島百合巡査部長は、以前ストーカー犯罪から守った村瀬香里との約束で、ピアノのミニ・コンサートへ行くことになっていた。香里よりひと足先に、会場である札幌市街地にあるワイン・バーに着いた小島は、そこで人質立てこもり事件に遭遇する。犯人は強姦殺人の冤罪で4...

続きを読む

◎ 地層捜査  佐々木譲

公訴時効の廃止を受けて再捜査となった15年前の老女殺人事件  当時の捜査本部はバブル期の土地トラブルに目を向け、元刑事・加納もその線を辿ろうとするが、謹慎明けの刑事・水戸部は、かつて荒木町の芸妓だった老女の「過去」に目を向ける―北海道から離れた佐々木さんの作品は初めてかも~(*^m^*) これもまた 東京の元花街という舞台が映えたいい作品です 捜査一課の水戸部裕の謹慎処分が解けて初めての仕事は 15年...

続きを読む

○ 密売人  佐々木譲

10月も半ばを過ぎ肌寒くなってきた北海道で、ほぼ同時期に三つの死体が発見された函館の病院にて為田俊平の転落死、釧路の漁港にて飯森周の水死、小樽の湖畔にて赤松淳一の焼死 それぞれの事件は個々に捜査が行われ、津久井卓巡査は小樽の事件を追っていた一方、札幌大通署生活安全課所属の小島百合巡査は、登校途中の女子児童が連れ去られた一件に、不穏な胸騒ぎを感じていた三か所で起こった殺人と小島の話から、次に自分...

続きを読む

◎ 警官の紋章  佐々木譲

北海道警察は、洞爺湖サミットのための特別警備結団式を一週間後に控えていたそのさなか、勤務中の警官が拳銃を所持したまま失踪津久井卓は、その警官の追跡を命じられた 一方、過去の覚醒剤密輸入おとり捜査に疑惑を抱き、一人捜査を続ける佐伯宏一そして結団式に出席する大臣の担当SPとなった小島百合それぞれがお互いの任務のために、式典会場に向かうのだが… 『笑う警官』『警察庁から来た男』に続く、北海道警察...

続きを読む

◎ 巡査の休日  佐々木譲

強姦殺人犯のストーカー鎌田光也は村瀬香里のアパートに侵入 警護に当たっていた小島百合巡査が取り押さえ逮捕する だが、鎌田は入院治療中に脱走し行方不明となってしまっていた1年後、脅迫メールが村瀬香里へ届き、再び小島百合は警護を命じられる必死の探索にもかかわらず、小島たちを嘲笑うかのように何度も送られてくる無気味なメール犯人はどこに潜んでいるのか?「笑う警官」、「警察庁から来た男」、「警官の紋章」に続...

続きを読む

◎ 警視庁から来た男  佐々木譲

北海道警察本部に警察庁から特別監察が入った監察官は警察庁のキャリアである藤川警視正 藤川は、半年前、道警の裏金問題の為に百条委員会でうたった(証言した)津久井刑事に監察の協力を要請した一方、札幌大通署の佐伯刑事は、ホテルでの部屋荒らしの捜査を進めていた被害者は、すすき野の風俗営業店で死んだ男の父親だった 大通署に再捜査の依頼の為、そのホテルに泊まっていたのだという 佐伯は、部下の新宮と事故現場に向...

続きを読む

◎ ユニット  佐々木譲

=十七歳の少年に妻を凌辱され、幼女とともに殺された男。警察官である夫の家庭内暴力に苦しみ、家を飛び出した女。仕事を探していた二人は、同じ職場で働くことになる。ある日、妻子を殺した少年の出所を知った男は復讐を決意。一方、女には夫の執拗な追跡の手が迫っていた。少年犯罪や家族のあり方を問う長編=さまよう刃に続いてまたしても少年犯罪を扱ったお話です両作品ともに 実際にあった事件をもとにしてるというのがやり...

続きを読む

◎ 笑う警官  佐々木譲

=札幌市内のアパートで、女性の変死体が発見された。遺体の女性は北海道警察本部生活安全部の水村朝美巡査と判明。容疑者となった交際相手は、同じ本部に所属する津久井巡査部長だった。やがて津久井に対する射殺命令がでてしまう。捜査から外された所轄署の佐伯警部補は、かつて、おとり捜査で組んだことのある津久井の潔白を証明するために有志たちとともに、極秘裡に捜査を始めたのだったが…。北海道道警を舞台に描く警察小説...

続きを読む

◎ エトロフ発緊急電  佐々木譲

=1941年12月8日、日本海軍機動部隊は真珠湾を奇襲。この攻撃の情報をルーズベルトは事前に入手していたか!?海軍機動部隊が極秘裡に集結する択捉島に潜入したアメリカ合衆国の日系人スパイ、ケニー・サイトウ。義勇兵として戦ったスペイン戦争で革命に幻滅し、殺し屋となっていた彼が、激烈な諜報戦が繰り広げられる北海の小島に見たものは何だったのか。山本賞受賞の冒険巨篇。=初めての佐々木譲作品第二次大戦を舞台に...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム