記事一覧

◎ 後妻業  黒川博行

文藝春秋 2014.8.29金が欲しいんやったら爺を紹介したる。一千万でも二千万でも、おまえの手練手管で稼げや。妻に先立たれ、結婚相談所で出会った二十二歳歳下の小夜子と同居を始めた老人・中瀬耕造は、脳梗塞で倒れ一命を取り留めたものの意識不明の重体に。だが、その裏で、実は小夜子と結婚相談所を経営する柏木は結託、耕造の財産を手に入れるべく、周到な計画を立てていた。病院に駆けつけた耕造の娘・尚子と朋美は、次第に牙...

続きを読む

○ てとろどときしん  黒川博行

 講談社 1991年9月軽快な大阪弁の府警刑事の活躍を描く短編集大阪府警捜査一課には休日というものがない。「ようそんな口から出まかせを平気でいえますな。閻魔さんに舌ぬかれまっせ」「かまへん。わしゃ二枚舌や」。大阪府警の刑事たちが漫才そのものの大阪弁で事件を解決する。 フグ毒により客が死んだ事件に端を発する表題作をはじめ、乗り捨てられた車のシートに残された血痕が謎を呼ぶ事件、下着ドロの意外な真犯...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム