記事一覧

《アンソロジー・連作》作家リスト

 ☆ 親不孝長屋   池波正太郎 平岩弓枝 松本清張 山本周五郎 宮部みゆき ◎。宮辻薬東宮   宮部みゆき、辻村深月、薬丸岳、東山彰良、宮内悠介 ◎ 驚愕遊園地   赤川次郎、芦辺拓、有栖川有栖、伊予原新、大崎梢、恩田陸、大門剛明   辻村深月、鳥飼否宇、西澤保彦、初野晴、東川篤哉、東野圭吾、麻耶雄高   米澤穂信 ◎ 奇想博物館   伊坂幸太郎 石持浅海 乾ルカ 大沢在昌 北村薫 今野敏 坂木司  ...

続きを読む

☆ 親不孝長屋 

 新潮社 (2007/6/28)岡場所上がりの継母と継子のすれ違い (池波正太郎「おっ母、すまねえ」)。妹弟から冷たい仕打ちを受ける行き遅れの長女の行く末 (平岩弓枝「邪魔っけ」)。料理屋に奉公した十七の娘とワケありの老父とに降りかかる難儀 (松本清張「左の腕」)。元芸妓の女房を持つ棒手振り魚屋の定次郎は、実は大店の次男坊 (山本周五郎「釣忍」)。病弱な八つの娘のいる畳職人は高額の薬代を稼ぐために… (宮部みゆき「神無...

続きを読む

◎。宮辻薬東宮  

講談社 (2017/6/21)ちょっぴり怖い、だからおもしろい。これぞエンタメ!! 前代未聞の「ミステリー短編バトンつなぎ」「宮辻薬東宮」(みやつじやくとうぐう)宮部みゆきさんお書き下ろし短編を辻村深月さんが読み、短編を書き下ろす。その辻村さんの短編を薬丸岳さんが読み、書き下ろし・・・ そして 東山彰良さん、宮内悠介さんへとバトンが渡っていきます今をときめく超人気作家たちが2年の歳月をかけて“つないだ”ミステリーア...

続きを読む

◎ 驚愕遊園地

光文社 (2013/11/16)満員御礼の驚きと興奮を、手に!ミステリーの「今」を一冊に凝縮した豪華アンソロジー!  三年に一度のお楽しみ。どこから読んでも面白い最強アンソロジー! 二カ月連続刊行の第一弾。赤川次郎『呪いの特売』、芦辺拓『黒い密室ー続・薔薇荘殺人事件』、有栖川有栖『四分間では短すぎる』、伊与原新『梟のシエスタ』、大崎梢『君の歌』、恩田陸『思い違い』、大門剛明『カミソリ狐』、辻村深月『美弥谷団地の逃亡...

続きを読む

◎ 奇想博物館

光文社 (2013/12/14)予想を裏切る『至宝』の数々!驚きのトリックに、思いがけぬ結末。ミステリーの醍醐味を詰め込んだ豪華アンソロジー!三年に一度のお楽しみ。二ヵ月連続刊行第二弾。 伊坂幸太郎『小さな兵隊』、石持浅海『玩具店の英雄』、乾ルカ『漆黒』、大沢在昌『区立花園公園』、北村薫『黒い手帳』、今野敏『常習犯』、坂木司『国会図書館のボルト』、朱川湊人『遠い夏の記憶』、長岡弘樹『親子ごっこ』、深水黎一郎『シ...

続きを読む

〇。X’mas Stories: 一年でいちばん奇跡が起きる日

新潮社 (2016/11/14)もう枕元にサンタは来ないけど、この物語がクリスマスをもっと特別な一日にしてくれる―。六人の人気作家が腕を競って描いた六つの奇跡。自分がこの世に誕生した日を意識し続けるOL、イブに何の期待も抱いていない司法浪人生、そして、華やいだ東京の街にタイムスリップしてしまった武士…!ささやかな贈り物に、自分へのご褒美に。冬の夜に煌めくクリスマス・アンソロジー。      ...

続きを読む

◎ みんなの少年探偵団

ポプラ社 2014.11.7少年探偵団と怪人二十面相の息詰まる対決に胸を躍らせた過去を共有する人気作家5名が、当時のドキドキ感を筆に込めて、見事なオマージュ・アンソロジーを紡ぎだしました。 「永遠」万城目学 「少女探偵団」湊かなえ 「東京の探偵たち」小路幸也「指数犬」向井湘吾 「解散二十面相」藤谷治江戸川乱歩生誕120年記念プロジェクト第一弾。 私は少年探偵団自体をほとんど読んだことがないのだけれど 子供の頃に読...

続きを読む

◎ 蝦蟇倉市事件 1

東京創元社 (2010/1/27)海と山に囲まれた、風光明媚な街、蝦蟇倉(がまくら)この街ではなぜか年間平均15件もの不可能犯罪が起こるという 自殺の名所に、怪しげな新興宗教や謎の相談屋  不可能犯罪専門の刑事に、とんでもない市長、そして無価値な置物を要求する脅迫者――様々な不可思議に包まれた街・蝦蟇倉へようこそ! 今注目の作家たちが、全員で作り上げた架空の街を舞台に描く、超豪華競作アンソロジー第1弾&n...

続きを読む

◎ ULTIMATE MYSTERY 究極のミステリー、ここにあり

講談社 (2010/4/15)独り暮らしの女性がマンションから落下して死亡した。女性の部屋には凶器と思われる鍋が転がっていた。警視庁捜査一課の内海薫は、女性の独特の勘で犯人を推理し、湯川学に接触するが…。人気の「ガリレオシリーズ」より「落下る」(東野圭吾) 今をときめく八人の名手による、極めつきのミステリー短編集  「落ちる」 東野圭吾・・・上記「熊王ジャック」 柳広司・・・シートン氏の昔話とリアルタイム...

続きを読む

◎ Anniversary50 =カッパ・ノベルス創刊50周年記念作品=

光文社 (2009/12/17)人気シリーズを含めた、すべて書下ろしのアンソロジー「50」をキーワードに、本格推理から時代小説まで幅広く、多彩な物語が生まれました一見簡単そうで実は難しい「縛り」に、人気作家が果敢に挑んだ「豪華作品」です 収録されている作品には、大沢在昌氏の「新宿鮫」の鮫島をはじめ、森村誠一氏の作品には棟居刑事、横山秀夫氏の作品には"終身検視官"の異名を持つ倉石などが登場し、ファンにはたまらな...

続きを読む

◎ Invitation

文藝春秋 (2010/1/12)まさにオールスター 超豪華な8人のミューズたちが腕によりをかけた絶品短篇集 トップは江國香織さん。別居中の人妻の寝室に蛾が舞い込んで……甘美で繊細で、実はけっこう怖い小説の館の扉が開かれます『猫を抱いて象と泳ぐ』でリトル・アリョーヒンの奇跡を描いた小川洋子さんは巨人に挑戦、川上さんの軽み、小池さんの切なさと続いて、桐野さんはなんと時代物、高樹さんはミステリータッチ高村さん描く...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム