記事一覧

☆ 映画篇  金城一紀

映画の力で導かれた記憶の中の僕は、いつでも軽やかに笑い、素直に泣き、楽しそうに手を叩いていた― 不器用で孤独な人々が映画をきっかけにつながり合い、力強い再生へと踏み出していく姿をみずみずしく描きながら、映画への愛と物語の復権を高らかに謳った傑作小説集 友情、正義、ロマンス、復讐、そして、笑いと感動五つの物語の力が、あなたを救う。  「太陽がいっぱい」・・・在日朝鮮人学校に通う ぼくと龍一...

続きを読む

プロフィール

にゃ~ご

Author:にゃ~ご
読んだ本を忘れないよう 備忘録^^; TOP写真はパリの本屋さんです♪

管理メニュー

カテゴリ

ブロとも申請フォーム